ソトカ・ラキター

2019年4月から放送開始のアニメ『ひとりぼっちの○○生活』。

 

同作品ではソトカ・ラキターという外国人の少女が登場していますね。

 

学校中の憧れの的であるソトカを演じているのは声優の黒瀬ゆうこさんです。

 

そこでこの記事では『黒瀬ゆうこさんの学歴と経歴・2019年時点での年齢』について紹介していきます。

[ad#co-2]

 

黒瀬ゆうこのプロフィール

 

まずは黒瀬ゆうこさんのプロフィールを以下にまとめているので、ご確認ください。

 

【黒瀬ゆうこのプロフィール】 

名前:黒瀬ゆうこ

誕生日:5月7日

出身地:広島県

趣味・特技:宝塚鑑賞、金魚すくい、徳川15代将軍をすべて暗唱

 

黒瀬ゆうこは年齢を公表していない(推測あり)

[ad#co-1]

 

2019年3月現在、黒瀬さんは年齢を一切公表していません。

 

たしかに公表はしていませんが、過去のインタビューでの回答からある程度推測することが可能です。

 

黒瀬さんは大学在籍時に日本ナレーション演技研究所の大阪校に入校しました。

 

そして大学卒業と同時に東京校に入校しています。

 

浪人や留年などもなくスムーズに進級していれば、大学卒業時の年齢は22歳です。

 

日本ナレーション演技研究所は声優養成所のため、学費の発生はもちろん生活費も必要です。

 

さらに黒瀬さんは2015年まで、おもちゃ会社で働きながら声優の仕事を続けていました。

 

金銭面を補うには就職する必要があるので、2015年4月の時点で22歳だったと仮定します。

 

その後、Tokyo 7th シスターズのライブ出演がきっかけで会社を退職しています。

 

1回目のライブが開催されたのは2015年5月31日です。

 

彼女の誕生日が5月7日なので、仮定どおりだとすれば2015年5月31日の時点で23歳になっています。

 

2015年から23年を引くと黒瀬さんは1992年に誕生していることになります。

 

現在は2019年なので、計算するとすでに27歳にはなっていると予想できますね。

 

これはあくまで考察のため事実は不明ですが、1992年前後に生まれたことは間違いないと思います。

 

黒瀬ゆうこの経歴について

黒瀬さんが声優を目指すきっかけになったのは、当時週刊少年ジャンプで連載されていた、『封神演義』が原作のドラマCDです。

 

彼女の出身地である広島県は、アニメ放送が少ないためアニメが見れず、値段が高いDVDは買えませんでした。

 

そこでよく買っていたのが値段も安いドラマCDだったそうです。

 

声だけで演技をする声優さんの存在に衝撃を受けたことで、自身も声優に憧れるようになりました。

 

大好きな声優の一言で声優になる決意を固める

黒瀬さんはずっと声優の野川さくらさんに憧れており、中学生か高校生時代に握手会へ参加しています。

 

そこで野川さんが直接「声が可愛いから声優になってみたら?」と言ってくれたようです。

 

それが嬉しくて、そこからプロ声優の道へ本格的に進む決意を固めました。

 

同じ中学校と高校の先輩に声優の松来未祐さんがいたこともあり、そのこともプロ声優を目指すきっかけになったようです。

 

黒瀬ゆうこの学歴について

[ad#co-1]

 

黒瀬さんは高校生までは地元の広島県の学校に通っています。ですが大学は大阪の学校を選びました。

 

その後は大阪の声優養成所、東京都の声優養成所に入校しています。

 

声優を目指すきっかけの1つになった松来未祐さんは、なんと同じ放送部の先輩でもあったそうです。

 

放送部に入部したのは高校生のときでしたが、松来さんは同校の放送部全盛期に最も目立っていた部員だったと、黒瀬さんがインタビューで語っています。

 

ちなみに彼女は放送部以外にも生物部も掛け持ちしており、牛乳を放置してヨーグルトにする実験をしていたようです(笑)

 

まとめ

・黒瀬ゆうこさんは年齢を公表していない。しかし2019年現在は、過去のインタビューから27歳ぐらいだと推測できる。

 

・黒瀬さんがプロ声優を本格的に目指したのは、野川さくらさんと松来未祐さんがきっかけである。

 

・彼女は広島県の中学校と高校に通い、その後は大阪の大学に入学している。

 

【ひとりぼっちの○○生活のアニメは無料で全話視聴可能!】

詳しくはこちら⇒ひとりぼっちの○○生活のアニメ見逃し配信で全話無料視聴できるサイトまとめ!オススメVODについても
 
【ひとりぼっちの○○生活の原作漫画を実質無料で安全に読む方法!】

詳しくはこちら⇒ひとりぼっちの○○生活の原作漫画を実質無料で安全に読めるサイトまとめ!VODの特徴についても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

[ad#co-2]