ミカサ・アッカーマンは男性や女性問わず、作品中でもかなりの人気を誇るキャラです。

 

ミカサは強くてカッコイイ一面もあり、時には可愛らしい表情も見せます。

 

この記事では『ミカサはハーフなのか・ミカサの血統・東洋人の特徴』について解説していきます。

 

Sponsored Link

 

【進撃の巨人】ミカサ・アッカーマンの血統は何人とのハーフなのか

ミカサは西洋人のお父さん、東洋人のお母さんとの間に産まれました。

 

つまりミカサの血統は東洋人と西洋人のハーフといえます。

 

母親は東洋にあるヒィズル国という国の将軍家の末裔です。

 

作中では東洋系の血はほとんど絶滅したといわれています。

 

一方で父親はケニー・アッカーマンの家族の分家なので、彼はアッカーマン一族の血を引く男です。

 

【進撃の巨人】ミカサ・アッカーマンの血液型について

 

Sponsored Link

 

残念ながらミカサの血液型は不明です。

 

そもそも登場キャラクターの中で、血液型が公式に判明しているのは、リヴァイ兵長ぐらいしかいません。

 

大人気漫画の『ワンピース』では、X型やF型といった作品独自の血液型ですが、『進撃の巨人』は現実と同じようにABO式ということが分かります。

 

リヴァイの血液型が判明しているということは、作中には血液型の概念があるので、ぜひ他のキャラクターも公表してほしいですね!

 

進撃の巨人に登場する東洋人の特徴について

作中の東洋人は非常に貴重な人種といわれています。

 

エレンたちが住んでいた壁内はパラディ島という島に造られたと判明しましたが、そのパラディ島の人間はほとんどがエルディア人です。

 

前項目で述べたようにミカサは東洋人とのハーフですが、東洋人の血統を持つメインキャラクターはミカサしかいません。

 

しかも作中でも登場した東洋人は少なく、ミカサの母親とキヨミ様ぐらいです。

 

キヨミ様は東洋人のためか名前や服装、一族名からも東洋の雰囲気を感じますね。

 

おそらく漢字にすると「清見」となり、一族名の「アズマビト」も「東人」になると考えられます。

 

ミカサの母親の名前は判明していませんが、キヨミ様から見ると東洋人は日本人をモデルにしている可能性が高いです。

 

まとめ

・ミカサは東洋人の母親と西洋人の父親のハーフの血統である。

 

・ミカサの血液型は現時点では不明である。

 

・東洋人は作中では貴重な人種とされており、東洋人の登場人物もかなり少ない。

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

Sponsored Link