翔んで埼玉

『翔んで埼玉』の劇中では、今作のお話が都市伝説としてラジオで放送されていましたね。

 

そして最後には、青くて目が怖いうさぎの着ぐるみを着た壇ノ浦百美が、そのラジオを放送していたと明かされました。

 

私もそうですが、今のあなたは「あの着ぐるみの名前は何?」と気になっていませんか?

 

劇中では他にもふなっしーやチーバくんなど、多数のゆるキャラが登場しています。

 

そこで今回は『青くて目が怖いうさぎの名前・壇ノ浦百美が着ぐるみを着ていた理由』についてお話していきます。

SponsorLink

 

『翔んで埼玉』に出た青いうさぎの名前は「らじっと君」

 

 

壇ノ浦百美が着ていた、青くて目が怖いうさぎの着ぐるみの名前は「らじっと君」といいます。

 

らじっと君にはプロフィールが設定されているので、以下に簡単にまとめてみました。

 

【らじっと君のプロフィール】

名前:らじっと

誕生日:3月3日

出生地:ときがわ町(埼玉県に実在する地名)

座右の銘:足で稼ぐ

 

実はらじっと君は都道府県のゆるキャラではありません。

 

エフエムナックファイブ(NACK5)というラジオ局のマスコットキャラクターです。

 

NACK5は埼玉県を対象としてFM放送を行っています。

 

らじっと君は様々な場所に姿を見せており、NACK5のパソコン公式サイトではQRコードの真ん中に、モバイルサイトではロゴの下に堂々と映っています。

 

らじっと君の名前の由来はラジオとラビット(うさぎ)を組み合わせた造語です。

 

あ、そうそう、NACK5でパーソナリティを務めていた土屋滋生さんは、らじっと君を「目つきの悪いウサギ」と評しています。

 

 やっぱり誰が見てもそう感じますよね!私も映画館で初めて見たときは、ゆるキャラなのにあまりの目つきの鋭さに驚きました(笑) 

次の項目では、壇ノ浦百美がらじっと君の着ぐるみを着ていた理由について見ていきましょう。

 

壇ノ浦百美が着ぐるみを着ていた理由は不明(考察あり)

SponsorLink

 

らじっと君の着ぐるみについて映画の公式では何もコメントをしていません。

 

そのため、壇ノ浦百美が着ぐるみを着ていた理由は不明です。

 

しかし、らじっと君の着ぐるみを着ていることから、壇ノ浦百美が放送していたラジオ局はNACK5と思われます。

 

これは私の考えですが「ロケの場所を提供する代わりに、らじっと君の着ぐるみを着てほしい」とお願いされたのではないでしょうか。

 

映画に自社のマスコットキャラクターが出演していると必然的に宣伝にも繋がります。

 

 観客の中には私や今のあなたのように気になって検索する人がいるので(笑)私も映画を見なければ、らじっと君やNACK5について知ることはなかったでしょう。 

 

そう考えると、映画の最後に少し登場しただけでもかなりの宣言効果があると分かりますね!

 

まとめ

・『翔んで埼玉』の最後に登場した青くて目が怖いうさぎは「らじっと君」である。

 

・らじっと君は埼玉県のFM放送局「NACK5」のマスコットキャラクターを務めている。

 

・撮影の際にラジオ局の関係者から「撮影場所を提供する代わりに、らじっと君の着ぐるみを着てほしい」とお願いされた可能性がある。

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

SponsorLink