10月にある唯一の祝日といえば体育の日です。

 

私達は何度も体育の日を過ごしてきましたが、その本当の意味や由来についてはご存知でしょうか?

 

また何かのきっかけでお子さんに意味や由来を問われたとき、適切に答えられる自信はありますか?

 

そこで今回は、体育の日の意味や由来を子供にも分かるよう簡単に解説していきます。

 

Sponsored Link

体育の日の意味を子供にも分かるよう簡単に解説

体育の日の意味は内閣府によると次のように説明されています。

 

スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。

出典:内閣府公式サイト

 

「体育の日」という名前だけだと健康な体作りを推奨する日のように思えますよね。

 

しかし本来は体以外にも心(精神面)での健康も養うことを目的としています。

 

さらにスポーツは必然的に大人数で行うことが多いため、人との関わり方やコミュニケーションも学ぶことが可能です。

 

これらは健康的な心を養うためにも必要な要素だと考えられます。

 

そのためお子さんには

みんなでスポーツをして元気な体と心を作る日

ということを説明してあげてくださいね!

 

体育の日の由来を子供にも分かるよう簡単に解説

 

Sponsored Link

 

体育の日の由来は1964年に行われた東京オリンピックと深い関係があるのです。

 

もともと体育の日は1964年10月10日に、東京でオリンピックの開会式が行われたことを記念して作られた祝日です。

 

東京オリンピックが開催されただけでなく、素晴らしい成果を収めたこと、オリンピックの感動も記念しています

 

体育の日が制定された当時は開会式と同じ10月10日でした。

 

しかし『ハッピーマンデー制度』という新たな制度が作られたことで、2000年以降は10月の第二月曜日に変更になっています。

 

『ハッピーマンデー制度』とは次のような制度です。

 

祝日と週休2日制をつなげ、3連休以上の期間を増やすため、国民の祝日の一部を従来の日付から特定の月曜日に移動させる制度。連休の日数を増やすことで観光業や運輸業などを活性化する目的で設けられた。

出典:日本大百科全書(ニッポニカ)

 

もし体育の日の由来をお子さんに聞かれたら

何十年も前の1964年に、東京で日本初のオリンピックが行われたことを記念した

最初は10月10日だったけど、『ハッピーマンデー制度』のため2000年から日にちが変わった

『ハッピーマンデー制度』とは、休みの日をつなげてお出かけしやすいようにしたルール

ということを伝えてあげてほしいと思います!

 

2019年の体育の日は何日なのか

2019年の体育の日は10月14日(月)です。

 

しかし2020年に限り日にちが7月24日(金)に変更になります。

 

その理由は7月24日に東京オリンピック・パラリンピックの開会式が行われるためです。

 

開会式当日に体育の日を特別に制定することで、大会の準備や運営をしやすくする効果を見込んでいるようです。

 

ちなみに2020年以降は名称が「スポーツの日」に変更されます。

 

体育の日の英語のつづりと読み方

 

Sponsored Link

 

ふだんの生活では体育の日を英語で読む機会はほぼありませんが、豆知識程度に読んでいただけると幸いです!

 

体育の日の英語のつづりと読み方はPhysical フィジカルeducationエデュケーション dayデイです。

 

これらの単語を直訳すると

  • Physical education =体育
  • day=日

となります。

 

他にはHealthヘルスSports Dayスポーツデイ』、『Nationalナショナル Sports Dayスポーツデイと読むこともあるようです。

 

これらの単語を直訳すると

  • Sports Day=運動会
  • Health=健康
  • National=全国

となります。

 

体育の日に子供と一緒に楽しめる運動

 

体育の日は先程も紹介したように「スポーツを通じて健康的な体と心を作る日」という意味を持つ祝日です。

 

そのためこの日はお子さんと運動をして楽しむことをオススメします!

 

ですが現代っ子はスマホやゲームに夢中で、運動する頻度が少なくなっているのではないでしょうか。

 

運動好きでない限りお子さんから「運動しよう!」と誘ってくることはあまりないと思います。

 

そのため親御さんからお子さんを運動に誘ってあげてほしいと思います!

 

そこでお子さんと楽しめる最適な運動を、複数紹介しているので参考にしてみてくださいね。

 

サイクリング


 これは私も経験があるのですが、小学生のお子さんにとって自転車は本当に楽しい乗り物です。 

 

サイクリングといっても近所のスーパーに一緒に買い物に行く程度でも良いですし、目的地を決めずに走るのも楽しいです。

 

ただあまり長時間サイクリングを行うとお子さんが疲れます。

 

そのため事前にちょうど良い時間を決めておくと良いでしょう。

 

縄跳び

 

Sponsored Link

 

縄跳びはあまり場所を取らないため、自宅の庭でも気軽に行えるのがメリットです。

 

他にも

  1. 集中力の向上
  2. 持久力の向上
  3. 全身の筋肉を鍛えられる

など、様々なメリットがあることも特徴です。

 

もしご両親や兄弟など複数人で行える場合は大縄跳びもオススメです。

 

大縄跳びには

  1. 反射神経の向上
  2. コミュニケーション能力の向上

といったメリットがあります。

 

大縄跳びに入るためには反射神経が必要ですし、周囲と息を合わせるためにはコミュニケーションが欠かせないからです。

 

ランニング

ランニングは老若男女問わず人気がある運動ですが、もちろんお子さんにも良い影響を及ぼします。

 

たとえば

  1. 心肺機能の向上
  2. 持久力の向上
  3. 瞬発力の向上

などが挙げられます。

 

お子さんと一緒にランニングする際に注意したいポイントは、あまり無理をさせず楽しさを重視することです。

 

それとお子さんが小さい場合ははぐれないか心配しすぎて、手を握ったまま走ることも避けたほうが良いです。

 

当然親御さんとお子さんとでは身長差があるので、姿勢が崩れてしまって余計に疲れてしまいます。

 

身長差がある大人と手をつなぐので、姿勢のバランスが崩れ、自然な腕振りができません。そのため、必要以上に疲れてしまいます。大人と手をつないで走ることは、子どもにとって苦痛でしかないのです。

出典:Gooday

 

そのためお子さんとランニングを行う際は同じペースで並んで走り、絶対に目を話さないことが重要です。

 

まとめ

・体育の日には『スポーツに取り組み健康的な体と心を養う日』という意味がある。

 

・体育の日の由来は1964年の東京オリンピック開催を記念して作られた祝日である。

 

・体育の日には本来の意味も考え、サイクリングや縄跳びなど親子で楽しめる運動に取り組むのも良い。

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

Sponsored Link