【魍魎の匣】京極堂(中禅寺秋彦)役・橘ケンチの俳優経歴は?名前の由来についても

2019年に公開される舞台『魍魎の匣』。

 

この作品の原作は京極夏彦さんが書いた小説作品です。

 

同作品には”京極堂(中禅寺秋彦)”という人物が登場しますが、この役柄を演じる俳優が橘ケンチさんに決定しました。

 

この記事では『橘ケンチさんの俳優経歴やプロフィール・名前の由来』について深堀していきます。

 

[ad#co-2]

【魍魎の匣】京極堂(中禅寺秋彦)役・橘ケンチのプロフィールについて

 

橘さんの簡単なプロフィールは、以下に記載しているのでご確認ください。

 

【橘ケンチのプロフィール】

名前:橘ケンチ

本名:寺辻健一郎

生年月日:1979年9月28日

年齢:39歳

出身地:神奈川県

身長:180cm

 

【魍魎の匣】京極堂(中禅寺秋彦)役・橘ケンチの俳優経歴について

 

[ad#co-1]

 

橘さんは高校生のときに『ダンス甲子園』という、テレビ番組を見たことがきっかけでダンスを始めました。

 

その後地元でダンスチーム「POLY-3」を結成しています。

 

当時は地元や東京を中心としたクラブイベントで活動していました。

 

そして2004年にはEXILE主演舞台のサポートダンサーとして出演し、2007年には「J SOUL BROTHERS(二代目)」に加入しています。

 

彼はもともと”KENCHI”名義で活動していましたが、2014年に現在の”橘ケンチ”名義に改名しました。

 

改名の理由はEXILE第四章が始動したからなのですが、なぜ”橘ケンチ”という名前になったのでしょうか?

 

次の項目では”橘ケンチ”の名前の由来について見ていきましょう。

 

【魍魎の匣】京極堂(中禅寺秋彦)役・橘ケンチの名前の由来について

”橘ケンチ”の名前の由来は名前の読み間違いを防いだり、発音のしやすい名前にしたかったからです。

 

彼は”KENCHI”名義のときに名前を間違えられることが多かったようです。

 

そのため英語ではなく日本語表記に変更しました。

 

さらに橘さんは海外での活動も視野に入れており、外国人にとっては本名の「寺辻健一郎」という名前は発音がしにくく、読み方も難しいそうです。

 

”橘”という名前を付けたのは母音が「a」になって響きが良いからです。

 

他には「中田」や「坂田」なども候補にありました。

 

まとめ

・舞台『魍魎の匣』で、京極堂(中禅寺秋彦)役を演じる俳優は橘ケンチさんだ。

 

・橘さんは高校生のときに見た番組がきっかけでダンスを始めた。

 

・芸名を”橘ケンチ”に解明した理由は以下の通りである。

  1. 読み間違いを防ぐために”KENCHI”を日本語表記にした
  2. 本名が外国人にとって発音がしにくく読み方も難しいから
  3. ”橘”に決めたのは母音が「a」の音になり響きが良いから

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:舞台魍魎の匣に出演した全キャスト俳優と女優一覧まとめ!

 

【魍魎の匣のアニメを全話無料で視聴するならこちら】

魍魎の匣のアニメを全話無料視聴できるサイトまとめ!オススメVODの長所あり

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

[ad#co-2]