※本来なら「平成天皇」の呼び方は不適切です。しかし、この記事では『平成時代の天皇』という意味で、便宜上「平成天皇」の呼称を用いています。

 

”平成は災害の時代”といわれるほど、多数の大災害が起こった時代です。

 

平成の天皇陛下が被災地に訪問されている様子がニュースでもよく放映されていましたね。

 

陛下は被災地に訪問した際もとある好物を召し上がっていたそうです。

 

そこで今回は『平成天皇の好きな食べ物や好物・平成天皇のふだんの食事内容やメニュー』について深堀りしていきます。

Sponsored Link

 

平成天皇が好きな食べ物(好物)はカレーライス

天皇陛下の好きな食べ物はかなり庶民的で、なんとカレーライスが好物だそうです。

 

 今まで陛下は高級な食べ物を召し上がっていたとばかり思っていたので、カレーライスとは本当に意外でした(笑) 

 

天皇皇后両陛下がご公務で地方へ訪問した際は、よくカレーライスを召し上がっているようです。

 

実際に訪問先で昼食をとるときは、宮内庁の人から「陛下はカレーライスがお好きです」とアドバイスがあります。

 

実は戦後になってから東宮御所にカレー粉が献上されていました。

 

他にも陛下とカレーライスのエピソードはたくさんあります。

 

お二人がご結婚された翌年の1960年に天皇皇后両陛下はインドを訪問されました。

 

美智子皇后は訪問先のインドで本場のスパイスを購入されたようです。

 

さらにインド料理専門のシェフを東宮御所に招いたり、1964年の皇太子時代には訪問先で富士屋ホテルのカレーを召し上がったこともありました。

 

ちなみに、陛下が召し上がった影響で富士屋ホテルのカレーを求めた人々が、行列をなしたと伝わっています。

 

上記は昔の例ですが、過去数年間での訪問先でも陛下はカレーライスを召し上がっています。

 

2009年5月に陛下は埼玉県の工場を視察されました。

 

そこの工場では陛下にお出しする昼食メニューに、50年前から社員に人気のある食堂のカレーを加えました。

 

すると視察の10日前に宮内庁から「昼食はカレーが良い」との連絡があったようです。

 

工場職員は翌日からすぐに試食を繰り返し行ったことで、天皇陛下も満足する味に仕上げることができたといいます。

 

陛下は1991年の長崎県雲仙普賢岳の噴火時、2011年の東日本大震災発生時にも現地を訪れ、そこでも昼食にはカレーライスを召し上がっていたそうです。

 

カレーライスが美味しいのはもちろんですが、陛下がよく召し上がるのには

  1. 食材が簡単に入手できる
  2. 数十人分の調理も簡単に行える
  3. 作り置きが可能で時間を合わせなくても良い

といった理由もあるようです。

 

 陛下の大好物がカレーライスなのは、訪問先や被災地になるべく負担をかけないように、ご配慮をしてくださっているのかもしれませんね。 

平成天皇の食事内容やメニューについて

 

Sponsored Link

 

天皇陛下の好物がカレーライスと判明していますが、ふだんはどのような食事を召し上がっているのでしょうか?

 

まずは朝食から見ていきましょう。

 

陛下が召し上がる朝食は一年間ずっと洋食です。

 

具体的な食事メニューは

  • トースト
  • オートミール
  • コーンフレーク
  • サラダ
  • 温野菜
  • 紅茶、コーヒー、ジュース

を召し上がっています。

 

上記の食事メニューは昭和天皇の時代から続いているといいます。

 

他にも元日の祝賀の際は効率的に召し上がれるよう、以下のメニューを少量ずつワンプレートに乗せてお出ししているのです。

 

  • コンソメスープ
  • サラダ
  • ローストビーフ
  • ホタテ
  • 芝エビ
  • フライドポテト
  • スープライス
  • ブロッコリー湯煎

 

天皇陛下の食事内容についての詳しい情報は下記で紹介の本に記載があります。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください!

 

まとめ

・平成の天皇陛下の好きな食べ物はカレーライスである。

 

・陛下は訪問先でもよくカレーライスを召し上がっている。

 

・ふだんの朝食は洋食であり、元日の祝賀の際はワンプレートランチを召し上がっている。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和天皇の性格は人柄が良い人格者で優しい?尊敬できる凄い名君エピソードについても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link