※本来なら「平成天皇」の呼び方は不適切です。しかし、この記事では『平成時代の天皇』という意味で、便宜上「平成天皇」の呼称を用いています。

 

2019年4月30日をもって天皇陛下が退位されますね。

 

天皇陛下は30年間も天皇として精力的に活動されてきました。

 

すでに退位が決まっていますが、平成天皇が即位した日にちは一体いつなのでしょうか?

 

昭和生まれの人は陛下の即位の様子をテレビで見たと思いますが、平成に生まれた人は当時の様子を知りませんよね…。

 

そこで今回は『平成天皇が即位した日にち・即位当時の年齢』について紹介していきます。

Sponsored Link

 

平成天皇が即位した日にちはいつなのか

 

関連:平成天皇は第何代目・何世?退位時の年齢や誕生日(生年月日)についても

 

関連:令和天皇の性格は人柄が良い人格者で優しい?尊敬できる凄い名君エピソードについても

 

平成天皇が天皇の地位に即位したのは1989年1月7日の午前6時33分です。

 

天皇陛下はお父さんである昭和天皇が崩御され、すぐに即位されました。

 

即位にあたり皇位継承の儀式を行って、翌日の8日には元号を「平成」に改めています。

 

即位から2日後の9日には国民に向けて次のようなおことばを述べられました。

 

皆さんとともに日本国憲法を守り,これに従って責務を果たすことを誓い,国運の一層の進展と世界の平和,人類福祉の増進を切に希望してやみません。

出典:宮内庁

 

そして1990年11月12日には皇居で即位礼正殿の儀を行っています。

 

この儀式は即位した天皇が日本国内、国外に即位したことを表明する儀式です。

 

ちなみに大正天皇と昭和天皇は、即位礼正殿の儀を京都御所で行っているため、天皇陛下は初めて関東地方で即位した天皇になります。

 

その後は即位の礼祝賀御列の儀が行われ、4.7kmの道のりをオープンカーに乗ってパレードを行い、12万人ほどの国民が陛下の即位をお祝いしました。

 

 私は平成生まれなので当時の様子を実際に見てはいませんが、もし昭和生まれなら絶対に陛下の即位を祝福しに行ってましたね(笑) 

 

平成天皇が即位した当時の年齢について

Sponsored Link

 

天皇陛下が即位された年齢は55歳です。

 

55歳という年齢で即位されたのは歴代天皇でも2番目に年長です。

 

ちなみに第49代の光仁天皇が最も即位時の年齢が高い天皇で、61歳で即位されていました。

 

そんな天皇陛下は現在、85歳という高齢になってもかなり精力的に活動されています。

 

なんと平成23年には約1000件もの書類の確認および署名と捺印を行い、行事には200回も出席されました。

 

それと宮中では年間で20件ほどの祭祀が行われています。

 

その祭祀も必ず陛下ご自身が執り行い、私たち国民の幸せをお祈りしてくだっているようです。

 

まとめ

・天皇陛下は1989年1月7日の午前6時33分に即位された。

 

・即位時の年齢は55歳で、歴代で即位時の年齢が2番目に高い天皇である。

 

・陛下は現在85歳と高齢だが、かなり積極的に公務に出席されている。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:平成天皇の逸話が凄い!子供時代(幼少期)や即位後のエピソードについて

 

関連:令和皇后の経歴は?年齢や誕生日などのプロフィールについても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

Sponsored Link