2019年4月1日に新元号「令和」が発表され、日本中が元号ブームになっていますね。

 

大多数の人が浮かれているなか、新元号によって辛い思いをする人も一定数存在します。

 

それが今のあなたのように、名前が「令和」もしくは「和令」の人です。

 

自分は何も悪くないのに、学校や職場でイジられたり、からかわれたりするのは本当に悲しいですよね…。

 

そこで今回は『名前が新元号と同じ人が令和時代を生きる考え方』について解説していきます。

[ad#co-2]

名前が元号と同じことを誇る

 

私はこの方法が最も効果的だと考えています。

 

理由はポジティブに考えることで、自分の名前が好きになったり、自分に自身が持てるからです。

 

日本には1億人以上の人々が暮らしています。

 

しかしその中でも、自分の名前とまったく同じ漢字2文字が、元号に使われている人は限りなく少ないです。

 

つまり、あなたは日本人口のごくわずか数%に入っていることになります。

 

そう考えると自分の名前を誇らしく感じませんか?

 

あなたは特別な人間なのです。大多数の人が絶対にできないことを経験したのですから。

 

人に名前を覚えてもらいやすくなる(自分の長所にする)

[ad#co-1]

 

上記の考え方に加え、こちらの考え方も取り入れるともっとポジティブになれるでしょう。

 

名前が元号と同じだなんて、確実に周囲の人の記憶に残ります。

 

もしあなたが学生なら、その名前がきっかけで新しいクラスメイトとコミュニケーションがとれます。

 

社会人の場合も同じです。

 

たとえば大切な取引先で「名前が元号と同じなんですよ!」とか言うと、間違いなく相手は驚いて食い付いてきます。

 

これはあなただけが持っている立派な武器になるのです。

 

今は辛いかもしれませんが、考え方によっては素晴らしい武器にもなる名前です。

 

あなたもぜひ、名前が元号と同じ奇跡を誇ってみてくださいね!

 

まとめ

・日本には1億人以上の人間がいるが、元号と名前が同じ人は全体のわずか数%である。

 

・全体的に見るとかなり珍しく特別であるため、あなたは自分の名前を誇ったほうが良い。

 

・ポジティブに考えれば、元号と名前が同じことはあなただけが使える立派な武器になる。

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

[ad#co-2]