2024年(令和6年)をめどに、新札と新500円玉を一新するとニュースがありましたね!

 

今まで見慣れたお金を見る機会が減るのは寂しいものがあります…。

 

昔にもありましたが、新しいお金が発行されるときは「旧いお金は使えないのかな…」と気になる人が多いです。

 

令和時代は平成のお金が使えないようになるのでしょうか?

 

この記事では『令和時代は平成時代のお金を使えるのか』について調べてみました。

[ad#co-2]

 

【2024年(令和6年)】平成の旧札や旧500円玉は使えない可能性がある(推測あり)

 

関連:令和元年のお札(紙幣)は人物肖像デザインが変更?選定基準理由についても解説

 

まだ決まっていませんが、いずれ平成時代のお金を使える場面が限られてくる可能性が高いです。

 

もちろん日本円が存在している以上、「お金」として使うことは法律上可能です。

 

しかし現在でも銀色の旧500円玉や、夏目漱石などが描かれた旧札を使えない場面が多々あります。

 

そこで状況別に使えなくなる可能性を見ていき、いざというときに困らないように、事前に使えない可能性を知っておきましょう。

 

自販機・券売機・ATM・両替機などの機械で使用する場合

[ad#co-1]

 

これらの機械は現在と同じように、平成のお金が使えなくなる可能性が高いです。

 

実際に昭和時代に流通した銀色の500円玉や、1つ前の旧札(夏目漱石などが描かれたもの)は、今の自販機や券売機などで使えません。

 

これは機械が新しい硬貨や紙幣に対応したからです。

 

使えないお金を無理やり投入すると機械が壊れる恐れがあります。

 

もし古いお金を使う場合は事前に管理者に確認したほうが安心でしょう。

 

お店で買い物の支払いに使用する場合

 

関連:【2024年】令和6年発行の新500円玉と旧500円玉の違いは?材質や作り方についても

 

本来なら旧札や旧500円玉も法律上はお金なので、それを使って支払うことは何も問題ありません。

 

しかしこれはお店や個人によって異なるので本当に難しいです。

 

古いお金での支払いを認めていないお店もありますし、そもそも店員さんが昔のお金を知らない可能性があるからです。

 

実際に現在でも昭和時代のお金を知らない世代が、「もしかして偽札?」と勘違いした以下のような事例があります。

 


 

 
これから令和時代が過ぎていくと平成時代の

  • 野口英世
  • 樋口一葉
  • 福沢諭吉

のお札を知らない世代が増えていくでしょう。

 

もちろん見たことがないので仕方がないですが、店員さんが混乱してしまうとお会計にも時間がかかります。

 

令和ひと桁代なら大丈夫と思いますが、数十年後はお店での支払いに、平成時代のお金を使うのは控えたほうが良いですね。

 

平成時代のお金は銀行で両替してくれる可能性が大きい

[ad#co-1]

 

これも平成での例ですが昔のお金は銀行で両替してくれます。

 

銀行なら偽札と疑われることもないですし、窓口で「新しいお金に交換してほしい」とその旨を伝えれば、すぐに対応してもらえます。

 

そのため令和時代になっても、平成時代のお金を交換してくれる可能性は非常に大きいです。

 

まとめ

・日本円が廃止にならない以上、令和でも平成のお金を使って法律上は問題ない。

 

・自販機やATMなどの機械の場合、平成の旧札や旧500円玉を使えない可能性がある。

 

・お店での支払いは可能だが、店側が旧札に対応していない場合や、店員が偽札と勘違いするケースもある。

 

・令和時代になると、平成のお金は銀行で両替してくれる可能性がかなり大きい。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和天皇と皇后の名前や経歴は?何歳なのか誕生日や生年月日についても

 

関連:令和元年の硬貨セット販売の開始日は?発行枚数や価値についても解説!

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

[ad#co-2]