令和皇后が結婚した年齢は何歳でいつ?ウエディングドレスのデザイナーについても

雅子さまは新しい時代の皇后になるため、過去の映像がたくさん放送されると思います。

 

その中でも当時かなり話題になった、雅子さまと徳仁親王のご結婚の様子は連日放送されるでしょう。

 

そこであなたは「雅子さまは何歳で結婚したのかな?」と気になっていませんか?

 

そこで今回は『雅子さまがご結婚された年齢と日程・ウエディングドレスのデザイナー』についても深堀りしていきます。

 

SponsorLink

 

令和皇后が結婚された年齢は何歳なのか

雅子さまは29歳のときに、当時33歳だった徳仁親王とご結婚されました。

 

そこで、内閣府が公開している平均初婚年齢の推移データをもとに、雅子さまの結婚年齢は早かったのか遅かったのか調べてみます。

 

このデータによると当時の女性の結婚平均年齢は26.1歳でした。

 

雅子さまは29歳でご結婚されたので、平均年齢と比べると少し遅かったことが分かります。

 

また、他の皇族がご結婚されたときの年齢とも比較してみましょう。

 

【皇族の初婚時の年齢】

  • 雅子さま:29歳
  • 徳仁親王:33歳
  • 明仁親王:26歳
  • 美智子さま:25歳
  • 文仁親王:24歳
  • 紀子さま:23歳
  • 昭和天皇:23歳
  • 良子さま:21歳

 

もちろん平均初婚年齢は時代によって異なります。

 

しかし上記のように、雅子さまと徳仁親王の初婚時の年齢は、他皇族と比べても高めだったといえるでしょう。

 

令和皇后が結婚された日程はいつだったのか

 

SponsorLink

 

雅子さまが徳仁親王とご結婚された日程は1993年6月9日です。

 

結婚の儀は皇居内にある宮中三殿で執り行われました。

 

令和皇后のウエディングドレスのデザイナーについて

 

雅子さまがお召しになったウエディングドレスの画像は下記に記載しています。

 

雅子さまのウエディングドレス画像

 

このウエディングドレスのデザインを担当したのは森英恵もりはなえさんです。

 

森英恵さんはモデルやタレントとして活躍している、森泉さんのおばあさんにあたります。

 

森さんは1926年に島根県の医者の家系に生まれました。

 

そのため自身も医学を勉強し、お母さんの故郷の島根県六日市町で開業医として活躍していました。

 

1948年に結婚した夫の実家は繊維会社を経営しており、森さんはそこで働きながら洋裁学校に通っています。

 

そして1951年に洋裁店をオープンしました。

 

1950年に入ると約400本の映画作品の衣装を担当し、1954年には銀座で「ハナヱ・モリ」というブティックを開業しています。

 

これが現在でも世界中で人気のあるブランド「ハナエモリ」の原点です。

 

ちなみに、雅子さまのウエディングドレスには”シルクジャガード”という生地が使われていました。

 

まとめ

・雅子さまがご結婚されたときの年齢は29歳である。

 

・雅子さまと徳仁親王の結婚の儀は1993年6月9日に執り行われた。

 

・雅子さまがお召しになった、ウエディングドレスのデザイナーは森英恵である。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和皇后の病気名や原因は?入院した病院と主治医についても

 

関連:令和皇后の愛車の名前と車種は?値段と性能についても

 

関連:令和皇后のお印の花の名前と品種は?花言葉や生息地についても

 

関連:【令和皇后】ペットの愛犬ショコラの犬種は何?特徴や性格についても

 

関連:令和皇后の身長と体重は?血液型と生まれた時間や干支についても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

SponsorLink