令和皇后の好きな食べ物(好物)や私生活の食事は?料理にまつわるエピソードも

30年間皇太子妃として多忙な毎日を過ごされてきた雅子さま。

 

これからは新時代の皇后として、さらに多忙な毎日を過ごされるでしょう。

 

皇族である雅子さまには好きな食べ物や好物、得意な料理はあるのでしょうか。

 

この記事では『雅子さまの好きな食べ物・私生活での食事・ご一家での食事エピソード・雅子さまの得意な料理』について深堀りしていきます。

 

SponsorLink

 

令和皇后の好きな食べ物や好物について

 

 

皇室関係者によると雅子さまはたこ焼きがお気に入りだそうです。

 

特にマヨネーズやソースを多めにかけたたこ焼きが好きと関係者が証言しています。

 

そのたこ焼きを職員がよく買いに行くとの情報もありました。

 

実は雅子さまはハーバード大学在学中に日本文化クラブを立ち上げたのですが、そこでも焼きそばを振る舞われていたそうです。

 

調べてみると、雅子さまは粉モノ以外にも様々な料理を召し上がっていることが分かりました。

 

これは雅子さまが独身時代に外務省に務めていたころの、ご友人と食事をされた時のエピソードです。

 

雅子さまは当時のご友人と都内にある有名中華料理店へ向かいました。

 

そこでは上海ガニやフカヒレの姿煮など、2万円の高級コース料理を召し上がっています。

 

他にも雅子さまは都内にあるメキシコ料理店フランス料理店、栃木県の御用邸近くにあるイタリアンレストランもよく利用されるそうです。

 

 当然雅子さまは皇族なので高級料理を召し上がることもありますが、意外にも”たこ焼きなど庶民的な食べ物も好きなのかもしれませんね! 

 

令和皇后ご一家の食事中のエピソードについて

 

SponsorLink

 

これは2016年ごろに起こった出来事です。

 

当時の愛子さまは理由は不明ですが、あまりお食事をされなかった日がありました。

 

天皇皇后両陛下や皇太子ご一家のお食事は、宮内庁にある「大膳課」という部署が担当しています。

 

そのこともあり、皇太子の徳仁親王は愛子さまにご飯を食べるように説得しました。

 

ですがそれでも愛子さまはご飯を召し上がらなかったので、雅子さまは「青いものだけでも食べなさい」とおっしゃいました。

 

しかしそれでも召し上がらなかったので、雅子さまは厳しくお叱りになったこともあるようです。

 

このエピソードから見ると、雅子さまは皇后ですが一人の母親として、愛子さまに厳しく接されることもあるのでしょうね。

 

令和皇后の私生活での食事について

 

ふだんの私生活で雅子さまが召し上がっている具体的な料理名は不明です。

 

大膳課の職員が皇室の診療を担当しているお医者さんと相談して、栄養バランスを考えているようです。

 

しかし、お住まいの東宮御所にはキッチンが備え付けられているため、雅子さまが夜食を作られることもあります。

 

次の項目では雅子さまが得意とする2つの料理について紹介していきますね。

 

令和皇后の得意な料理について

 

SponsorLink

 

皇室の事情に詳しい皇室ライターによると、雅子さまの得意な料理はふろふき大根ラザニアだそうです。

 

ふろふき大根とは、大きいサイズに切って蒸したり煮たりした大根に、練り味噌をぬっていただく下記画像のような料理です。

 

 

一方でラザニア(別名:ラザーニャ)とはイタリア料理です。

 

この料理は板状になったパスタとミートソース、ペシャメルソースを使用します。

 

これらの材料を交互に重ねてパルメザンチーズを振りかけ、そして最後にオーブンで焼いたら完成です。

 

完成したラザニアは下記画像のようになります。

 

 

 ご自身の得意料理があることからみると、雅子さまは料理が得意なのかもしれませんね! 

 

まとめ

・雅子さまはマヨネーズやソースをたくさんかけたたこ焼きが好物である。

 

・愛子さまがご飯を召し上がらなかったときは、「青いものだけでも食べなさい」と諭している。

 

・雅子さまの得意料理はふろふき大根とラザニアである。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和皇后の英語力やスピーチは凄い?日本語以外に何カ国語話せるの?

 

関連:令和皇后が結婚した年齢は何歳でいつ?ウエディングドレスのデザイナーについても

 

関連:令和皇后の学歴は頭がいいし天才だが大学中退?出身中学や高校についても

 

関連:令和皇后のお印の花の名前と品種は?花言葉や生息地についても

 

関連:令和皇后の経歴は?年齢や誕生日などのプロフィールについても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

SponsorLink