【令和皇后】ペットの愛犬ショコラの犬種は何?特徴や性格についても

あなたは昔、雅子さまが実家で飼っていた愛犬がいることをご存知でしょうか?

 

その愛犬は「ショコラ」という名前なのですが、小さくてフサフサな毛が特徴的な犬種です。

 

この愛らしいワンちゃんは一体何の犬種なのでしょうか。

 

この記事では『ショコラの犬種・その犬種の特徴や性格』について深堀りしていきます。

 

SponsorLink

令和皇后が実家で飼っていた愛犬ショコラの犬種について

 

下記に紹介している画像は、1993年8月に実家へ帰ってきた雅子さまの様子です。

 

そこにはショコラとスキンシップをとっている、微笑ましい様子の雅子さまが写されています。

 

雅子さまと愛犬ショコラの画像

 

上記の画像からショコラの特徴から犬種を推測すると、ヨークシャーテリアという犬種だと考えられます。
 

そこで次の項目では、ヨークシャーテリアの特徴や性格について紹介していきます。

 

ヨークシャーテリアの特徴について

 

SponsorLink

 

ヨークシャーテリアはかなり小さい犬種で、高さが大体で23センチほど、理想体重が3.1キロです。

 

そのような小柄な体型をしているためか、歩くときは軽やかな様子を見せます。

 

ヨークシャーテリアは子犬時代と成犬時代で特徴が異なります。

 

子犬時代は毛色が黒く、成犬になると頭の方から褐色になっていく特徴があります。

 

小さい時と大きい時でまったく印象が異なりますが、その小さくて愛らしい様子から現在でも人気がある犬種です。

 

ヨークシャーテリアの性格について

 

ヨークシャーテリアは神経質で用心深い一面があるのですが、一方で気性が強く活発な一面もあります。

 

ヨークシャーテリアは飼い主に対して深い愛情を見せてくれることもあります。

 

ですが、知らない人への警戒心がとても強いため、吠えたり噛んだりする危険性があるのです。

 

本来はとても賢い犬種なので、子犬時代からしっかりとしつけをし、甘やかしすぎない必要があります。

  

まとめ

・雅子さまが実家で飼っていた愛犬ショコラの犬種はヨークシャーテリアである。

 

・ヨークシャーテリアはかなり小さい小型犬で、子犬と成犬で毛色が変化する特徴がある。

 

・ヨークシャーテリアの性格は神経質な一面もあるが、気性が激しい一面も持っている。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和内親王のペット(愛犬や愛猫)の名前と品種は何?特徴や性格についても

 

関連:令和皇后の学歴は頭がいいし天才だが大学中退?出身中学や高校についても

 

関連:令和皇后が結婚した年齢は何歳でいつ?ウエディングドレスのデザイナーについても

 

関連:令和皇后の英語力やスピーチは凄い?日本語以外に何カ国語話せるの?

 

関連:令和皇后のお印の花の名前と品種は?花言葉や生息地についても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

SponsorLink