令和内親王の性格や品格の良さは?幼少期や子供時代のエピソードあり

あなたは、新天皇の内親王である愛子さまの性格をご存知でしょうか?

 

テレビで拝見するそのお姿から、おっとりとして優しそうな印象を受ける人は多いと思います。

 

そこで今回は『愛子さまの性格・品格の良さ・幼少期や子供時代のエピソード』について紹介していきます。

 

SponsorLink

 

令和内親王の性格について

愛子さまのおっとりとして朗らかな印象からは想像できませんが、実は意外と頑固で完璧主義な一面があるようです。

 

頑固で完璧主義な性格からか、愛子さまは一度決めたことは最後までやり遂げたり、結果が出るまでしないと気がすまないと、宮内庁関係者がインタビュー記事で答えています。

 

その性格が、以前話題になった「愛子さま激ヤセ問題」につながったのかもしれません。

 

当時の愛子さまは炭水化物ダイエットに挑戦し、大好きだったお菓子も召し上がらなくなりました。

 

そのため白米も召し上がらなくなり、朝食はヨーグルトやジュースで済ませ、夕食もサラダや煮物がほとんどでした。

 

天皇陛下も雅子皇后も、愛子さまの性格をよくご存知だったため、あまり厳しくは言わなかったそうです。

 

宮内庁関係者によると、愛子さまの完璧主義は雅子皇后によく似ているとも語っています。

 

令和内親王の品格の良さについて

 

SponsorLink

 

愛子さまが将来の天皇になるかは不明ですが、数年前から天皇にふさわしい品格を備えられているといいます。

 

以前の愛子さまはマスコミにカメラを向けられると、はにかんだり恥ずかしさから隠れてしまうこともあったそうです。

 

しかし最近では、カメラを向けられても笑顔でお手振りをされる姿をよく拝見します。

 

2019年4月30日に行われた上皇さまの退位礼正殿の儀のあと、皇居を出られる愛子さまは下記画像のような笑顔をお見せになっています。

 

 

令和内親王の幼少期や子供時代のエピソードについて

 

愛子さまの子供時代のエピソードについては以下のような話があります。

 

これは愛子さまがまだ初等科だったころの運動会での話です。

 

初等科で運動会が行われた時、愛子さまは1年生~4年生のリレー選手に選ばれたことがありました。

 

運動神経抜群な愛子さまはリレーで大きな活躍をされています。

 

しかし6年生のときに出場したむかで競争では、最初のレースは1位でしたが、アクシデントが発生してやり直しになったそうです。

 

すると今度は最下位となってしまい、その場で大泣きしたことがあると学習院関係者が語っています。

 

 完璧主義な性格の愛子さまは、運動会とはいえ最下位になったのがよほど悔しかったのかもしれませんね…。 

 

まとめ

・愛子さまには頑固で完璧主義な一面がある。

 

・愛子さまは以前とは違い、カメラを向けられても笑顔を見せるなど、十分な品格を備えられている。

 

・初等科6年生のときはむかで競争で最下位になって大泣きしたエピソードがある。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和内親王の両親(父親・母親)と兄弟の名前は?佳子様との関係や憧れについても

 

関連:令和内親王の英語力が凄い?日本語以外に何カ国語話せるの?

 

関連:令和内親王の身長と体重は?血液型と生まれた時間や干支についても

 

関連:令和内親王の経歴は?年齢や生年月日(誕生日)などのプロフィールについても

 

関連:令和内親王のペット(愛犬や愛猫)の名前と品種は何?特徴や性格についても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

SponsorLink