令和天皇の愛車の名前やメーカーは?運転免許証の有無や教習方法についても

※本来なら「令和天皇」の呼び方は不適切です。しかし、この記事では『令和時代の天皇』という意味で、便宜上「令和天皇」の呼称を用いています。

 

2019年10月22日に新天皇の即位パレードである「祝賀御列の儀」が行われます。

 

そのパレードで天皇陛下はトヨタのセンチュリーにお乗りになることが決定しています。

 

ご公務上のパレードではセンチュリーを使用していましたが、令和時代天皇となった徳仁親王は、ご自身の愛車をお持ちなのでしょうか?

 

そこで今回は『徳仁親王の愛車の名前とメーカー・皇室の免許取得方法と運転教習方法』について深堀りしていきます。

 

SponsorLink

令和天皇は愛車の存在や運転免許証の有無

2019年4月現在、徳仁親王の愛車は判明していません。

 

そもそも徳仁親王がご自身の愛車にお乗りになっている情報すらないのです。

 

ふだん皇室の方が運転されるお姿を見ないので、「皇室の方は愛車をお持ちでないのでは?」と思う人もいるかもしれませんね。

 

しかし平成時代の天皇である明仁親王は、皇居内で愛車のインテグラを走らせているお姿が、たびたびテレビで放送されています。

 

実際に明仁親王は2013年9月22日に、助手席に美智子皇后を乗せて皇居内の東御苑をインテグラで走行されていました。

 

このことからご自身の愛車をお持ちの皇族もいることが分かります。

 

徳仁親王が車を運転されている様子の映像がないことから、愛車か運転免許証のどちらか、またはその両方をお持ちでないと推測が可能です。

 

ちなみに明仁親王は2019年1月をもって、年齢を考慮して免許更新を止められ、64年間続けてきた車の運転を卒業されています。

 

皇室の運転教習方法について

 

SponsorLink

 

実際に明仁親王がインテグラに乗車されて皇居内を走行していますが、皇族の方も運転免許証を持っているのでしょうか?

 

実は、皇族といえど私たち一般人と同じように運転免許証の取得が必要です。

 

しかし我々のように一般の自動車学校に入校するのではありません。

 

皇族の方は皇居内で専属の先生をつけて練習します。

 

走行練習の際は皇居内に標識等を設置して行い、実技の場合は皇居周辺の一般道路を護衛車とともに走行するのです。

 

ちなみに明仁親王は免許の不携帯に気付くと御所に引き返すドライバーの鑑でした。

 

皇族の免許更新方法について

免許の更新方法は基本的に私たちと同じです。

 

しかしこちらも免許センターや警察署ではなく、お住まいの御所で行われます。

 

運転免許証を取得されるときと同じく、皇居内に標識や信号機を設置して走行し、さらに視力検査といった各種検査も御所で実施します。

 

もちろんご高齢になってもご自身で運転を望まれる場合は、高齢者講習の受講が必須です。

 

明仁親王も

  • ウインカーを出しての右左折やバック走行
  • 三角コーンをジグザグ走行

など東御所で高齢者講習を受けていました。

 

まとめ

・徳仁親王は愛車か運転免許証のどちらか、またはその両方をお持ちでない可能性がある。

 

・皇族が運転の教習を行う際は自動車学校に通わず皇居内で行う。

 

・練習は皇居内に設備を設置して行い、実技は皇居周辺の一般道路を護衛車付きで走行する。

 

・皇族の免許更新方法も同様に、皇居内で各種検査や高齢者講習も受講されている。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和天皇の即位パレードのコースやルートは?混雑状況と交通規制についても

 

関連:令和天皇が即位パレードで乗った車の名前や値段は?性能と改造費についても

 

関連:令和天皇の住居や住まいは?どこに住んでいるのか住所やアクセスについても

 

関連:令和天皇のお印の花の名前と品種は?花言葉や生息地についても

 

関連:令和天皇は何人兄弟?弟と妹の名前や経歴エピソードについても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

SponsorLink