令和天皇の苗字や本名などのフルネームは?経歴と呼び方(呼称)の正式名称についても

※本来なら「令和天皇」の呼び方は不適切です。しかし、この記事では『令和時代の天皇』という意味で、便宜上「令和天皇」の呼称を用いています。

 

2019年5月1日を持って天皇陛下は現在の皇太子殿下になります。

 

つまり今後は皇太子殿下が令和天皇となって、私たち国民の前にそのお姿を見せてくださいます。

 

しかし、あなたは令和天皇の本名や年齢をご存知でしょうか?

 

新しい令和という時代を迎えるためにも、令和天皇の本名や呼び方、経歴などについて見ていきましょう!

 

SponsorLink

 

令和天皇のフルネーム(名前・苗字)について

 

 

令和天皇のお名前はフルネームで「徳仁なるひと」といいます。

 

実は天皇を含む皇族には苗字がありません。

 

そもそも苗字とは5世紀ごろに開始された「氏姓制度」がきっかけです。

 

当時は豪族が血縁関係などから「氏」を組織し、大王おおきみ(後の天皇)が地位を表す「姓」を与えました。

 

もちろん、姓を与える側の大王には氏や姓を持つ必要がありません。

 

その後大王が天皇になって皇族の定義が決められる途中で、天皇以外の皇族も姓を持たなくなりました。

 

そのため、徳仁さまに苗字はなくお名前はフルネームで徳仁なるひとというのです。

 

皇室には苗字とは別に称号がある

 

SponsorLink

 

皇室の方には苗字がありませんが、”称号”という呼称があります。

 

徳仁さまの称号は「浩宮ひろのみや」といいます。

 

称号は一部の皇室に与えられる幼少期だけの呼び名です。

 

そのため成人してから与えられるのではなく、幼少期の時点ですでに付けられているのです。

 

称号は基本的に天皇の子供や孫に与えられます。

 

称号をお持ちのほとんどの皇族は、幼少期に与えられた漢字一文字と「宮」になっています。

 

令和天皇の正式な呼び方や呼称の名称は2つ

 

新しい時代の天皇に即位された皇太子殿下は、以下の2つの呼び方でお呼びすると問題ありません。

 

  1. 今上天皇
  2. 天皇陛下

 

それでは上記2つの呼称の意味について見ていきましょう。

 

今上天皇(きんじょうてんのう)

 

今上天皇という呼び方は、現時点で天皇の位に即位されている方の呼称です。

 

つまり2019年4月までの今上天皇は明仁さま、2019年5月以降の今上天皇は徳仁さまになります。

 

「今上天皇」を略して「今上」と呼ぶこともあるようです。

 

呼称に使われている「上」は天皇の尊さを称える意味があり、「今上」は現在の天皇を表します。

 

少なくとも今から約1270年前の奈良時代の時点で、すでに「今上」と名称が使われているようです。

 

天平勝宝8年の書物である『東大寺献物帳』には次のような一文があります。

 

「後太上天皇、天皇伝賜今上今上謹献廬舎那仏」

 

上記のように2ヶ所「今上」の表記があることが分かりますね。

 

このことから「今上」の呼称は相当古くから使われていたといえるでしょう。

 

天皇陛下(てんのうへいか)

 

SponsorLink

 

「今上天皇」より「天皇陛下」とお呼びする例のほうが多いと思います。

 

「天皇陛下」の言葉の意味は、現時点で天皇の位に即位されている方を敬った呼び方です。

 

「陛下」という言葉はもともと中国で皇帝を呼ぶ際に使われていました。

 

「陛」は階段を表しているため、「陛下」とは”階段の下”という由来があります。

 

当時の中国は家来は皇帝に直接言葉を申し上げることができず、階段の下にいる護衛役の人物を通してその言葉を伝えていました。

 

これが「陛下」の原義です。

 

日本で「陛下」と呼ぶと天皇だけを指しているように聞こえますが、実は天皇以外にも

  • 皇后
  • 上皇
  • 上皇后

をお呼びする際にも用いられます。

 

つまり徳仁さま、雅子さま、明仁さま、美智子さまも「陛下」です。

 

次の項目では徳仁親王の、幼少期と皇太子時代の経歴についてまとめているのでご確認ください。

 

徳仁親王の幼少期の経歴について

 

徳仁親王は1960年2月23日16時15分に、宮内庁が管理と運営を行う宮内庁病院でご誕生されました。

 

浩宮徳仁親王と命名したのは徳仁親王から見て祖父にあたる昭和天皇です。

 

浩宮の称号は『四書五経(儒教の経典)』の中心概念、『中庸』の第32章に書かれている「浩々たる天」から付けられました。

 

また徳仁というお名前も『中庸』の第32章にある、「聡明聖知にして天徳に達する者」から命名されています。

 

以下に由来となった文章を記載しているのでご確認ください。

 

【中庸の第32章】

肫肫たる其の仁、淵淵たる其の淵、浩浩たる其の天。苟くも固に聡明聖知にして天徳に達する者ならざれば、 其れ孰か能くこれを知らん。

 

ご誕生時の体重は2540グラムで身長は47センチでした。

 

新生児の平均体重が3000グラム、平均身長が50センチなので、平均を少し下回ったようですね。

 

徳仁親王をご懐妊されたことにより、美智子皇后に母子手帳が発行されたり、皇居内の御産殿で出産を行っていなかったり、それまでの皇室のしきたりとは少し状況が違っていたようですね。

 

徳仁親王は戦後初めての内廷皇族だったので、ご誕生時はかなり注目されるおめでたいニュースとなったそうです。

 

美智子皇后は養育係に教育を任せずに自ら教育すると決めました。

 

その子育ての様子も国民からかなりの注目を集めています。

 

そこで徳仁親王が生後7ヶ月目のときに起こったエピソードを紹介します。

 

美智子皇后が残した育児メモから見える愛情深さ

 

SponsorLink

 

当時、明仁親王と美智子皇后は公務のために、14日間も徳仁親王から離れてアメリカに行くことになりました。

 

そこで美智子皇后はお世話係の人に『ナルちゃん憲法』という育児のためのメモを残したのです。

 

美智子皇后が『ナルちゃん憲法』を残した理由は「しつけに一貫性がなくなることを避けたかったから」です。

 

人によってしつけの仕方が違うと、何がダメで何が良いのか混乱してしまいます。

 

このエピソードから、美智子皇后の徳仁親王に対する深い愛情と想いが伺えますね!

 

この『ナルちゃん憲法』は明仁親王と美智子皇后のように、働きながら子育てをする全国のお母さんからも、子育てのバイブルとして支持を集めました。

 

分かりやすいように『ナルちゃん憲法』の一部と、各憲法に込められた願いを紹介します。

 

【ナルちゃん憲法(一部抜粋)】

 

(自立した人間になってほしいため)

「ちゃんとお聞きにならなきゃいけません」と叱ってやってくださいね。

 

(食べ物の好き嫌いをなくしたいため)

コップにすこしだけビンから注ぎ、「『ナーイ』にしてちょうだい」と言うと

一生懸命飲んで「ナーイ」と見せてくれます。

またすこし足します。

 

(厳しい教育はすべて愛情によるものだと分かってもらいたいため)

一日に一回くらいはしっかり抱いてあげてください。愛情を示すためです。

あなたのことを大好きな人がたくさんいるのよ。

 

上記の内容は光文社文庫から出版された『ナルちゃん憲法』から抜粋しているので、もし興味があれば実際に読んでみることをオススメします!

 

 

徳仁親王の皇太子時代の経歴について

 

1989年1月7日、徳仁親王から見て祖父にあたる昭和天皇が崩御されました。

 

そのため明仁親王が平成時代の天皇になっています。

 

これにより、徳仁親王は皇位継承順位が1位になり皇太子となりました。

 

自身が皇太子になったことをきっかけに同居していた家族とは別居しています。

 

そして1991年2月23日、徳仁親王が31歳を迎えるお誕生日に「立太子の礼」を執り行いました。

 

実際に「立太子の礼」が行われたのは31歳のときでしたが、昭和天皇の崩御時点ですでに20歳を超えています。

 

そのためテレビやマスコミでは儀式前から皇太子と呼んでいたそうです。

 

また、徳仁親王の「立太子の礼」は異例の事態になったことでも知られています。

 

1991年はイラクで湾岸戦争が行われている真っ最中でした。

 

そのため簡潔に行うよう配慮がされ、宮中饗宴の儀はかなり短縮されています。

 

しかも2月24日は湾岸戦争で地上戦が始まってしまったため、日本の国会議員が20数名と19カ国の大使が欠席したそうです。

 

まとめ

・皇族に苗字はないため令和天皇の本名は”徳仁”である。

 

・新天皇の正式な呼び方は「天皇陛下」と「今上天皇」の2種類がある。

 

・ここでは徳仁親王の幼少期と皇太子時代の経歴を紹介した。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和天皇の学歴や出身大学はどこ?大学院時代の専攻分野についても

 

関連:令和天皇の逸話は?子供時代や幼少期のエピソードについても

 

関連:令和天皇の性格は人柄が良い人格者で優しい?尊敬できる凄い名君エピソードについても

 

関連:令和天皇の住居や住まいは?どこに住んでいるのか住所やアクセスについても

 

関連:令和天皇誕生日(祝日・休日)はいつ?2019年12月23日は休みなの?

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

SponsorLink