令和天皇と結婚した奥さん(皇后)の名前や馴れ初めは?お妃候補の特徴についても

※本来なら「令和天皇」の呼び方は不適切です。しかし、この記事では『令和時代の天皇』という意味で、便宜上「令和天皇」の呼称を用いています。

 

徳仁さまが新天皇に即位され、2019年の秋には皇后さまとともに即位パレードが行われますね。

 

徳仁さまが皇太子時代のときも、何度もそのお姿を国民の前にお見せになった皇后さま。

 

あなたは新天皇の奥さんにあたる皇后さまのお名前や馴れ初めについてご存知でしょうか?

 

この記事では『皇后さまのお名前・天皇皇后両陛下の馴れ初め・徳仁さまのお妃候補の特徴』について深掘りしていきます。

 

SponsorLink

 

令和天皇と結婚した奥さん(皇后)の名前は雅子さま

1993年6月9日に徳仁親王とご結婚された皇后のお名前は雅子さまです。

 

雅子さまの簡単なプロフィールは以下に記載してあります。

 

【雅子さまのプロフィール】

名前:雅子まさこ

旧姓:小和田雅子

生年月日:1963年12月9日

年齢:55歳(2019年4月現在)

続柄:小和田恆第一女子

 

令和天皇と雅子さまの出会いや馴れ初めエピソードについて

 

SponsorLink

 

徳仁親王と雅子さまが初対面されたのは1986年10月18日のことです。

 

当時、東宮御所でスペイン国王の娘であるエレナ王女歓迎のお茶会が行われました。

 

そこに外務省条約局長を務めていた、小和田ひさし氏と長女の小和田雅子さんが出席していたのです。

 

徳仁親王と雅子さまの出会いはここからでした。

 

翌年の1987年4月25日には高円宮邸へ徳仁親王と小和田雅子さんが招かれ、これがきっかけでお二人は親交を深めることになります。

 

この時点で雅子さんは徳仁親王のお妃候補の一人として選ばれていました。

 

ですがマスコミの取材により、雅子さん自身が恐怖を感じたり混乱が生じるなど、他にも様々な原因によってお妃候補から一時外されてしまったのです。

 

しかしその後も徳仁親王は宮内庁に「雅子さんがいい」とご意向を示されています。

 

1992年8月16日にお二人は再開を果たし、それから2ヶ月が経った10月3日に、徳仁親王がデート中に次のようにプロポーズしました。

 

《皇室に入られるということには、いろいろな不安やご心配がおありでしょうけれども、雅子さんのことは、ぼくが一生全力でお守りしますから》

出典:NEWSポストセブン

 

そうして徳仁親王と小和田雅子さんは結婚の儀を行い無事にご成婚まで至ったのです。

 

令和天皇のお妃候補の特徴について

 

SponsorLink

 

現在は雅子さまとご結婚されていますが、結婚前の25歳の時点でお妃候補を選ぶ計画が宮内庁で進められていました。

 

もちろん徳仁さまは次の時代の天皇となるので、皇后選びが非常に重要視されていたようです。

 

徳仁さまのお妃は宮内庁の計画どおりだと

  • 旧皇族
  • 旧華族
  • 学習院関係者
  • 趣味関係者

の女性から選ばれるはずでした。

 

 宮内庁が選んだお妃候補の対象からみると、どうやら格式高い家柄の女性をお妃にしたかったと私は考えています。 

 

ですが徳仁さまは「価値観や趣味が同じで自分の意見をしっかりと持った女性がいい」と、記者会見でご意向を示されていました。

 

そのため民間人との結婚を当時から望まれていたようです。

 

そして皇太子皇后となった雅子さまは、エリート中のエリートで自分の考えもしっかりと持って人柄も良いため、まさに徳仁さまの理想の女性だったといえるでしょう。

 

まとめ

・令和天皇の奥さんのお名前は雅子さまである。

 

・徳仁親王と雅子さまは1986年10月18日に初対面を果たし、1992年10月3日に徳仁親王からプロポーズをした。

 

・もともと宮内庁が選んだ徳仁親王のお妃候補の対象は

  • 旧皇族
  • 旧華族
  • 学習院関係者
  • 趣味関係者

の女性だった。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和天皇の学歴や出身大学はどこ?大学院時代の専攻分野についても

 

関連:令和天皇の身長と体重は?血液型と生まれた時間や干支についても

 

関連:令和天皇の性格は人柄が良い人格者で優しい?尊敬できる凄い名君エピソードについても

 

関連:令和皇后の性格は人柄が良い人格者で優しい?尊敬できる凄いエピソードについても

 

関連:令和皇后の学歴は頭がいいし天才だが大学中退?出身中学や高校についても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

SponsorLink