令和天皇の身長と体重は?血液型と生まれた時間や干支についても

※本来なら「令和天皇」の呼び方は不適切です。しかし、この記事では『令和時代の天皇』という意味で、便宜上「令和天皇」の呼称を用いています。

 

もうすぐ現在の天皇陛下が退位され、新たに皇太子さまが令和時代の天皇に即位されますね!

 

新天皇に即位されたことで、今まで以上に国民から注目されると思われます。

 

ほとんどの国民が即位の様子をテレビで見ることになると思いますが、あなたは「新天皇の身長が気になる!」と思っていませんか?

 

テレビを見る限りだとそこまで背が高くない印象を受けますが、実際はどうなんでしょうか?

 

そこで今回は『令和天皇の身長や血液型・生い立ちや干支』についても深堀りしていきます。

 

SponsorLink

 

令和天皇の身長は163cm

徳仁親王の身長は163cmです。

 

ただしこの数字は少なくともお妃を選ぶ時点で判明しているので、だいぶ古い情報です。

 

もちろん人間は年齢を重ねるにつれ身長はどんどん小さくなっていきます。

 

そのため、現在の徳仁親王の身長は163cmよりも小さくなっている可能性も十分に考えられます。

 

ちなみに弟にあたる文仁親王の身長は178cmという情報があります。

 

この身長はあくまでも噂ですが、徳仁親王と文仁親王が並んでいる画像を見ても、文仁親王の身長はかなり高いと推測可能です。

 

お二人の身長差が分かる画像は以下に記載しています。(一番左に立っている男性が文仁親王です)

 

徳仁親王と文仁親王の身長差が分かる画像

 

上記の画像を見ると兄弟なのにかなりの身長差があることが分かります。

 

ちなみに俳優の阿部寛さんも、お父さんや兄弟はあまり大きくないのに、本人の身長が189cmもあるそうです。

 

もしかすると、家族で身長に大きな差が出ることはよくあるのかもしれませんね。

 

令和天皇の体重は判明していない(推測あり)

 

SponsorLink

 

2019年4月現在、徳仁親王の体重は判明していません。

 

少し小さくなっている可能性もありますが、判明している身長から体重を推測しようと思います。

 

一般的に163cmの男性の標準体重は60kg前後だと分かりました。

 

年齢によって多少の変動はありますが、この数値とご本人の画像を見てみると、徳仁親王の体重は60kg~70kgぐらいだと私は予測しています。

 

令和天皇の血液型は判明していない(推測不可能)

 

残念ながら、令和天皇の血液型は判明していません。

 

徳仁親王だけではなく、他の皇族の方も自身の血液型は公式には一切公表していないのです。

 

ネット上では皇族はA型が多いという噂がありますが、まったく根拠がないので信じないほうがいいでしょう。

 

世間では性格から血液型を当てたがる人が多いですが、実は血液型と性格には何の関係もありません。

 

そのため徳仁親王が自ら血液型を公表しない限り、正しい情報はおろか推測すらできないのです。

 

令和天皇の生まれた時間は16時15分

 

徳仁親王は1960年2月23日、16時15分にご誕生されました。

 

生まれた直後の身長は47cm、体重は2540gと少し平均よりも下回っていますが、その後は元気に成長されています。

 

令和天皇の干支はねずみ年

 

SponsorLink

 

前項目でも述べたように、徳仁親王は1960年2月23日にご誕生されました。

 

1960年に生まれた人の干支はねずみ年です。

 

2019年の干支はイノシシ年なので、2020年の干支はねずみ年になります。

 

つまり徳仁親王は令和2年に歳男になるのです。

 

 歳男になると”歳神様”という神様のご加護をたくさん得られるので、来年はかなり縁起の良い年になりそうですね! 

 

まとめ

・徳仁親王の身重は163cmだが、現在はもう少し小さくなっている可能性がある。

 

・徳仁親王の血液型は判明していない。

 

・生まれた時間は1960年2月23日16時15分、干支はねずみ年である。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和天皇の即位パレードのコースやルートは?混雑状況と交通規制についても

 

関連:令和天皇の性格は人柄が良い人格者で優しい?尊敬できる凄い名君エピソードについても

 

関連:令和天皇の逸話は?子供時代や幼少期のエピソードについても

 

関連:令和天皇誕生日(祝日・休日)はいつ?2019年12月23日は休みなの?

 

関連:令和天皇の苗字や本名などのフルネームは?経歴と呼び方(呼称)の正式名称についても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

SponsorLink