令和天皇が即位パレードで乗った車の名前や値段は?性能と改造費についても

※本来なら「令和天皇」の呼び方は不適切です。しかし、この記事では『令和時代の天皇』という意味で、便宜上「令和天皇」の呼称を用いています。

 

2019年秋、新たに令和時代の天皇に即位された徳仁親王が「祝賀御列の儀」を執り行いますね。

 

テレビでは徳仁親王が黒塗りの高級車に乗っている様子が放映されます。

 

実際に天皇陛下がお乗りになっている車はどのような名前なのでしょうか?

 

そこで今回は『令和天皇が即位パレードで使った車の名前や車種・値段と性能』について解説していきます。

 

SponsorLink

 

令和天皇が即位パレードで乗っていた車の名前はセンチュリー

 

2019年10月22日、令和時代の天皇になった徳仁親王が、そのご即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」が執り行われます。

 

天皇陛下がパレードでお乗りになった車の名前はセンチュリーです。

 

車名が判明したのは2018年1月17日に行われた、内閣官房・内閣府皇位継承式典委員会第3回会合での発表でした。

 

センチュリーは誰もが知る大手自動車メーカー、トヨタ自動車が1967年から製造している最高級乗用車です。

 

センチュリーは2019年現在、以下のモデルが製造されています。

 

  • 初代(VG2#/3#/4#型):1967年~1997年
  • 2代目(GZG5#型):1997年~2017年
  • 3代目(UWG60型):2018年

 

天皇陛下の即位パレードで使用されたのは新型モデルになります。

 

陛下がお乗りになったセンチュリーは、オープンカーに改造した特別車両なので、一般には販売されていません。

 

確定情報は判明していませんが、おそらく最新の3代目(現行)をベースにしたと考えられます。

 

ベースとなった車の情報が確定され次第、情報を追記・変更します。

 

次の項目では、3代目センチュリーの値段と改造予算について見ていきましょう。

 

3代目センチュリーの値段は1960万円で改造予算は8000万円

 

SponsorLink

 

現行モデルの3代目センチュリーは、なんと値段が1960万円もするのです。

 

エンジンや安全面が似た性能のレクサスと比較すると、約500万円ほどセンチュリーのほうが高価になっています。

 

センチュリーの内装はかなり高級感があり、専門の職人が一から組み立てています。

 

そのため値段は他の車種より高価になっているようです。

 

パレードに使用するためにオープンカーに改造していますが、この改造費用は8000万円なので、もとの値段の数倍かかっています。

 

3代目センチュリーの性能について

 

新天皇即位パレードで使用した、センチュリーのモデルとなった3代目の性能は次のとおりです。

 

【3代目センチュリーの性能】 

ボディタイプ:4ドアセダン

エンジン:2UR-FES型(4968cc V型8気筒 直噴DOHC)

モーター:IKM型(交流同期電動機)

全長:5335mm

全幅:1930mm

全高:1505mm

 

祝賀御列の儀に使用する御料車の条件について

 

SponsorLink

 

もちろん天皇陛下がお乗りする際は何よりも安全面が重要です。

 

安全面以外にも下記条件であることが挙げられています。

 

お車に求められる要件等
1/国内で入手可能
2/車列を組む他の車両より車格が高く、サイズが大きい
3/後部座席に一定の広さを確保可能
4/安全性能(衝突安全、自動ブレーキ等)が高い
5/環境性能(燃費、排出ガス浄化性能等)が高い

出典:ベストカーweb

 

上記の条件も大事ですが「祝賀御列の儀」は儀式なので、実際は以下の条件も考慮してセンチュリーを選ばれたそうです。

 

ア/後部座席にご乗車になる天皇皇后両陛下のお姿が沿道等から見えやすいこと
イ/環境物品等の調達に関して、内閣府本府が定める方針(平成30年度)に合致すること
ウ/車体強度の確認、試験走行等を十分に行った上で、儀式までに余裕をもった期日までに確実に納車さ  れる見地味があること
エ/用途に支障をきたすことのないよう良好な整備・保守サービスを継続的に受けることができる体制が  整えられていること
オ/儀式終了後の有効活用や日常の保守管理が容易であること

出典:ベストカーweb

 

当然のことながら皇室が公式に使用する御料車なので、上記のようなかなり厳しい条件が決められているようですね。

 

まとめ

・新天皇の即位パレードで使用された車の名前はセンチュリーである。

 

・3代目(現行)モデルのセンチュリーの値段は1960万円だ。

 

・即位パレードに使用するためにオープンカーに改造したが、その改造費に8000万円もかかっている。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和天皇の即位パレードのコースやルートは?混雑状況と交通規制についても

 

関連:令和天皇の住居や住まいは?どこに住んでいるのか住所やアクセスについても

 

関連:令和天皇誕生日(祝日・休日)はいつ?2019年12月23日は休みなの?

 

関連:令和天皇の身長と体重は?血液型と生まれた時間や干支についても

 

関連:令和天皇の学歴や出身大学はどこ?大学院時代の専攻分野についても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

SponsorLink