令和天皇誕生日(祝日・休日)はいつ?2019年12月23日は休みなの?

※本来なら「令和天皇」の呼び方は不適切です。しかし、この記事では『令和時代の天皇』という意味で、便宜上「令和天皇」の呼称を用いています。

 

あなたもご存知のように、天皇陛下のお誕生日は国民の祝日で休みです。

 

しかし2019年4月30日で明仁親王が退位され、新たに徳仁親王が令和時代の天皇に即位されます。

 

すると2019年の天皇誕生日(12月23日)は祝日になるのでしょうか?

 

この記事では『令和時代の天皇誕生日の日にち・2019年12月23日は祝日で休みになるのか』について解説していきます。

SponsorLink

令和天皇の誕生日が祝日(休日)になるのは2020年から

 

令和時代の天皇陛下の徳仁親王はお誕生日が2月23日です。

 

そのため2020年からは、2月23日が国民の祝日になり休日となります。

 

そこで気になるのが平成時代の天皇だった、明仁親王の天皇記念日の有無です。

 

次の項目では2019年の天皇誕生日の有無についてお話していきます。

 

2019年12月23日は天皇誕生日でないため休みにならない

 

SponsorLink

2019年4月30日で平成の天皇陛下である明仁親王が退位されます。

 

平成の天皇誕生日は明仁親王のお誕生日でもある12月23日でした。

 

しかし2019年5月から明仁親王は天皇ではないため、12月23日は祝日にはなりません。

 

令和時代の天皇となる徳仁親王のお誕生日は、2月23日なのですでに新年を迎えています。

 

つまり2019年は1948年に祝日法が決定されてから、初めて天皇誕生日がない日になるのです。

 

休みが1日少なくなってしまうのはとても残念ですが、カレンダーでも祝日になっていないので、諦めるしかないですね…。

 

天皇誕生日が記念日になった意味や由来について

 

天皇誕生日が祝日になっているのは、国民の祝日に関する法律第2条によると「天皇の誕生日を祝う」ことを目的としています。

 

もちろん時代によって天皇は変わっていくので、その時代の天皇のお誕生日をお祝いするのです。

 

天皇誕生日はもともと”天長節”と呼ばれていました。

 

天長節は第49代光仁天皇のお誕生日を”天長節”と呼んだのが由来で、これは775年から始まっています。

 

この天長節が国家の祝日となったのは1868年のことでした。

 

それまではずっと”天長節”と呼ばれており、1948年に”天皇誕生日”と名前を改めたようです。

 

歴代天皇の誕生日と現在の祝日との関係について

 

SponsorLink

 

明治天皇と昭和天皇のお誕生日は、現在ではまったく別の名称に変更になっています。

 

明治天皇のお誕生日は11月3日で、この日は1948年から「文化の日」という名前に変わり祝日になりました。

 

文化の日には「自由と平和を愛し,文化をすすめる日」という目的があります。

 

昭和天皇のお誕生日である4月29日は、2007年から”昭和の日”と呼ばれ祝日になっています。

 

この祝日は『激動の日々を経て,復興を遂げた昭和の時代を顧み,国の将来に思いをいたす』という目的があるようです。

 

あなたは「なぜ大正天皇のお誕生日が祝日でないの?」と疑問に思ったかもしれません。

 

しかし、これにはもちろん正式な理由があります。

 

大正天皇が国を治めていた大正時代は15年間と短く、それにより必然的に他の天皇よりも偉業が少なかったことが理由だそうです。

 

2020年12月23日は国民の祝日になるのか

 

2019年4月現在、2020年12月23日が国民の祝日になるのかどうかは判明していません。

 

しかし前項目で説明したように、明治天皇と昭和天皇のお誕生日は、名称を改めて別の祝日になっていましたね。

 

 これは私の考えですが、平成時代の天皇誕生日も名前を変更して別の祝日になると予想しています。 

 

平成は戦争こそありませんでしたが『災害の時代』と称されるほど、全国各地で大災害がたくさん発生しています。

 

前天皇陛下は災害によって被災した地域に何回も足を運ばれ、被災者の方々を励まされていました。

 

 このような激動の時代の天皇であり、ご高齢になっても公務を精力的に続けられた明仁親王のお誕生日が、別の祝日になることは容易に想像できるからです。 

 

もしかすると前天皇陛下のお誕生日は、”昭和の日”をならって”平成の日”という名称になるかもしれませんね!

 

まとめ

・令和時代の天皇陛下である徳仁親王のお誕生日は2月23日である。

 

・2019年は明仁親王の退位に伴い、12月23日が平日になるため2019年は天皇誕生日がない。

 

・天皇誕生日は天皇のお誕生日をお祝いする目的がある。

 

・2020年12月23日が別の祝日になるかは現時点では不明である。

 

他にはこんな記事も読まれています。

関連:令和天皇の苗字や本名などのフルネームは?経歴と呼び方(呼称)の正式名称についても

 

関連:令和天皇の身長と体重は?血液型と生まれた時間や干支についても

 

関連:令和天皇の学歴や出身大学はどこ?大学院時代の専攻分野についても

 

関連:令和天皇の逸話は?子供時代や幼少期のエピソードについても

 

関連:令和天皇の性格は人柄が良い人格者で優しい?尊敬できる凄い名君エピソードについても

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

SponsorLink