2019年4月にアニメ『鬼滅の刃』が放送されますね!

 

最初は主人公サイドのキャラクター数名しか声優が発表されていませんでした。

 

しかし3月19日に多数の追加キャストが発表されています。

 

同作品には「お堂の鬼」というキャラが登場しますが、その声を担当するのが人気声優の緑川光さんです。

 

そこでこの記事では『緑川光さんの経歴やプロフィール・多数あるあだ名の由来』について解説していきます。

[ad#co-2]

 

緑川光のプロフィール

まずは緑川さんの簡単なプロフィールから見ていきましょう。

 

【緑川光さんのプロフィール】 

本名:緑川光

生年月日:1968年5月2日

年齢:50歳(2019年現在)

血液型:B型

 

緑川光の経歴について

[ad#co-1]

緑川さんが声優になろうと思ったきっかけは、知らない人がいないであろうアニメ『機動戦士ガンダム』でした。

 

ガンダムを見たことで声優という職業に憧れたようです。

 

そして1988年に『キテレツ大百科』で声優デビューを果たしましたが、まだ新人だったのでモブキャラしか担当できませんでした。

 

登場人物が主役か脇役かはともかく、同作品で多数のキャラを演じています。

 

それから二年間は脇役だけの出演でしたが、声優歴三年目になったある日、ついにメインキャラクターの声優を務めることになったのです。

 

緑川さんが初めて主役を任されたのは、1991年に放送開始した『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』の新条直輝でした。

 

それから彼は2019年現在でも、様々な役柄で活躍している大人気声優になったのです。

 

個人的には緑川さんが演じた多数のキャラで一番印象に残っているのは、ドラゴンボールZに登場する人造人間16号ですね(笑)

 

緑川光のあだ名の由来について

 

関連:鬼滅の刃の真菰役の加隈亜衣(声優)経歴とプロフィール!歌唱力やドイツ語がすごい?

 

関連:【鬼滅の刃】時透無一郎の年齢や身長などプロフィールまとめ!かわいい髪型画像あり

 

緑川さんといえばカッコいいあだ名をたくさん持っていることでも有名です。

 

調べてみたところ次のようなあだ名がありました。

 

  1. グリーンライトリバー
  2. リョクセンコウ

 

ファンの間で主に使われているのは1番目の「グリーンライトリバー」です。

 

次の項目では2つのあだ名の由来を説明しようと思います。

 

グリーンライトリバー

このあだ名は緑川さんが中学生のときに、英語の先生から付けられたあだ名です。

 

その先生が彼の名前を、以下のようにそのまま英語読みしたことが由来になっています。

 

  • 緑:グリーン
  • 川:リバー
  • 光:ライト

 

このあだ名が広まったのは、漫画家の柴田亜美さんがきっかけといわれています。

 

柴田さんは1997年に『声優への道』という漫画を発売していますが、その作品の中でこんな内容が描かれていました。

 

 

名前が長いので「グリリバ」と略して呼んでいる人が多いですね。

 

余談ですが、他の声優にも緑川さんと同じ方法であだ名が付けられている人もいました。

 

たとえば神谷明さんは「ゴッドバレー」、古谷徹さんは「オールドバレー」というあだ名があります。

 

リョクセンコウ

「グリーンライトリバー」は名前を英語読みしたものでしたが、こちらは名前の漢字をそのまま音読みしたあだ名です。

 

これもカッコいいあだ名だと思うのですが、緑川さんを「リョクセンコウ」と呼んでいる人はあまり見かけたことがないですね…。

 

私も「グリーンライトリバー(グリリバ)」派です(笑)

 

まとめ

・『鬼滅の刃』でお堂の鬼を演じるのは緑川光である。

 

・彼は1988年に声優デビューを果たし、1991年に初めてメインキャラクターを担当している。

 

・「グリーンライトリバー」は名前を英語読みしたもの、「リョクセンコウ」は名前の漢字を音読みしたあだ名である。

 

 

【鬼滅の刃のアニメは全話無料で視聴可能!】
詳しくはこちら⇒鬼滅の刃のアニメ見逃し配信で全話無料視聴できるサイトまとめ!オススメVODについても

【鬼滅の刃の原作漫画を実質無料で最大6冊読む方法!】
詳しくはこちら⇒鬼滅の刃の原作漫画を実質無料で最大6冊読む方法!最もお得に安く買えるやり方も解説

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

[ad#co-2]