漫画『鬼滅の刃』には鬼殺隊員に任務を伝える役割を持つ鎹鴉かすがいがらすという、人間の言葉を話す鴉が登場します。

 

3月19日、その鎹鴉の声優が山崎たくみさんに決定したというニュースが流れてきました。

 

山崎たくみさんは多数の有名作品に出演しているベテラン声優ですが、あまり詳しく知らない人もいるかと思われます。

 

そこで今回は『山崎たくみさんの経歴・名義は本名なのか』について深堀していきます。

 

[ad#co-2]

山崎たくみの名義は本名ではない

以下に山崎さんのプロフィールを簡単にまとめているのでご確認ください。

 

【山崎たくみのプロフィール】
本名:山崎功やまざきいさお
出身地:東京都
生年月日:1964年4月14日
血液型:A型

 

上記のように“山崎たくみ”名義は本名ではありません。

 

それではなぜ本名を使わず“山崎たくみ”という名義を使ったのでしょうか?

 

残念ながら、その由来は本人が公言していないため不明です。

 

 これは私の予想ですが、名字部分は本名をそのまま使っていることから、何らかの理由で“功”を“たくみ”に変更したかったのではないかと考えています。 

 

山崎たくみの経歴について

 

[ad#co-1]

 

山崎さんは声優という道を目指すまでに、多数の夢を持って生きてきたようです。

 

彼は子供のころは「鳥になりたい」という夢を持っていました。

 

 よく鳥のように絶対になれないものになりたいという少年はいますが、その純粋さが本当に微笑ましいですよね! 

もちろん鳥になることは不可能なので、その後は宇宙飛行士に目標を変更しています。

 

最初の夢は“鳥”で次は宇宙飛行士なので、もしかすると空に強い憧れがあったのかもしれませんね!

 

実は宇宙飛行士は戦闘機のパイロット出身の人が多く、宇宙飛行士になるために「戦闘機のパイロットになりたい!」という目標を持ち始めました。

 

しかし、中学時代に本を読みすぎたせいで近視になって、宇宙飛行士と戦闘機のパイロットの夢を諦めざるを得ませんでした。

 

そして時が進み高校生になったある日、廃部間近の演劇部の部長を務めていた友人のために、名前を貸す目的で入部しました。

 

当初はそれだけのための入部でしたが、友達から「せっかく入部したなら一回ぐらい舞台に出たら?」と提案されています。

 

これがきっかけで山崎さんは脚本と舞台を担当するようになり、その後舞台をしばらく続けてから声優の道へ進むことになりました。

 

やがて彼はバオバブ学園(現:ビジュアル・スペース俳優養成所)の4期生を卒業し、1985年に『ドリームハンター麗夢』というOVAで声優デビューを果たしています。

 

山崎さん自身もシリアスからギャグ要員まで様々なキャラクターを担当しましたが、2000年にT.S.Pという有限会社を設立してそこの代表者になっています。

 

T.S.Pの公式サイトを見ると事業内容は

  1. 声優のマネージメント・育成
  2. 音響著作物の制作・製作
  3. 版権管理

となっています。

 

現在でも声優は続けていますが、どちらかといえば新人の育成に力を注いでいるのではないでしょうか。

 

 3月時点ではまだ『鬼滅の刃』は放送されていませんが、演技の幅がかなり広い山崎さんが鎹鴉の声を担当すると、一体どのような感じになるのか今から楽しみにしておきます!個人的には基本的にコミカルな感じになると予想しています(笑) 

 

まとめ

・“山崎たくみ”名義は本名ではない。本名は“山崎いさお”である。

 

・山崎さんは多数の夢を持っていたが、1985年に声優デビューすることになった。

 

2000年から有限会社T.S.Pを設立し、代表者として新人の育成に注力している。

 

【鬼滅の刃のアニメは全話無料で視聴可能!】
詳しくはこちら⇒鬼滅の刃のアニメ見逃し配信で全話無料視聴できるサイトまとめ!オススメVODについても

【鬼滅の刃の原作漫画を実質無料で最大6冊読む方法!】
詳しくはこちら⇒鬼滅の刃の原作漫画を実質無料で最大6冊読む方法!最もお得に安く買えるやり方も解説

 
最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

 

[ad#co-2]