※当記事に書かれた情報は2020年2月17日までのものです。現在とは情報が異なっている場合もあるのであらかじめご了承ください。

dTVチャンネルとdTVはNTTドコモが運営しているVODサービスです。

名前がよく似ているので同じVODだと思いますが、実際に比較してみるとまったく違うVODでした…。

もちろん特徴も機能もまったく異なるので「全然違いを知らない…』という方は、ぜひ最後まで読んでくださると幸いです!

dTVチャンネルの月額や無料トライアル期間など基本情報

dTVチャンネルのメリットについて紹介する前に、まずは月額や無料トライアル期間の有無などの基本情報を紹介します。

ここに注目!

dTVチャンネルの基本情報
月額料金 858円(税込)
取り扱い中の番組ジャンル 海外ドラマ・海外映画・アニメ・キッズアニメ・エンターテインメント・音楽・韓流・趣味・ドキュメンタリー・スポーツ・ニュース
無料トライアルの有無
無料トライアルの期間 31日間
画質 1.フルHD(1080p)

2.HD(720p)

フルHD画質対応チャンネル ソニーチャンネル・dアニマックス・TBSオンデマンドチャンネル・ひかりTVチャンネル・Kchan!韓流TV
HD画質対応チャンネル 上記以外のチャンネル
同時視聴
最大契約台数 1つの契約につき最大5台
リアルタイム配信
ダウンロード機能(オフライン再生)

dTVの月額や無料トライアル期間など基本情報

次に比較対象となるdTVの基本情報について紹介します。取り上げている情報はdTVチャンネルと同じです。

ここに注目!

dTVの基本情報
月額料金 550円(税込)
取り扱い中の番組ジャンル 海外ドラマ・国内ドラマ・韓流・華流・アニメ・キッズアニメ・バラエティ・洋画・アジア映画・邦画・アニメ映画・キッズアニメ映画
無料トライアルの有無
無料トライアルの期間 31日間
画質 1.4K(2160p)

2.HD(720p)

3.SD(480p)

4K画質対応番組 ドラマ「裏切りの街」・ライブ「絢香レインボーロード2015~2016」・音楽「AAAのミュージックビデオ」
同時視聴
最大契約台数 1つの契約につき最大5台
リアルタイム配信 無(ライブ生配信は有り)
ダウンロード機能(オフライン再生)

 

dTVチャンネルとdTVで違う特徴を比較

最初に基礎知識を知った上で両者にはどのような違いがあるのか、異なっている点を項目別に比較してみましょう。

またVODの違いごとにどのような人に向いている機能なのかも記載しています。

これを見て最終的にどちらに登録するか、または登録しないかをよく検討してみてくださいね!

視聴形態の違い

両者の最大の違いは「視聴形態」が異なるという点です。具体的に解説すると次の表のようになります。

ここに注目!

視聴形態の違い
VOD名 視聴形態
dTVチャンネル リアルタイム配信
dTV オンデマンド配信

上記の表のように両者はリアルタイム配信なのか、オンデマンド配信なのかで違いがあります。

しかしリアルタイム配信やオンデマンド配信といってもよく分からないと思うので、これらの視聴方法はどのようなものなのかを簡単に解説します。

 

リアルタイム配信について

リアルタイム配信はあらかじめ放送日や時間が決まっています。そしてユーザーは、自分が見たい番組が放送される時間にVODを起動して視聴するという形式です。

もっと分かりやすく説明すると、私たちがふだん見ているテレビ番組のような感じですね。

テレビ番組はテレビ局が放送日や放送時間を決定しており、視聴者である私たちは見たい番組が放送される時間までにテレビの前に待機していますよね?

リアルタイム配信もテレビ番組のようにリアルタイムで配信されるので、見たい番組が始まる前に待機しておく必要があるのです。

このようにリアルタイム配信はあらかじめ放送スケジュールが決まっています。

そのため自分の都合の良い時間に好きな番組を見ることができないのが、リアルタイム配信の最大のデメリットといえます。

しかし番組が常にリアルタイムで放送されているので、録画が溜まったブルーレイレコーダーのように、端末の容量がいっぱいにならないのがメリットです。

 

オンデマンド配信について

一方でオンデマンド配信は、リアルタイム配信のようにスケジュールが決まっているのではありません。

こちらの視聴形態は自分が都合の良い時間に好きな作品を見ることが可能です。

オンデマンド配信を例えるなら、レンタルビデオ店で好きな作品をレンタルするというイメージになります。

レンタルビデオ店で好きな作品をお金を払ってレンタルさえしてしまえば、あとは自分が見たいときに借りた作品を視聴できますよね。

このように好きな時間に好きな作品を見れるのが、オンデマンド配信の最大のメリットといえます。

しかし「いつでも見えるから次の日見よう」というふうに、気づけばどんどん見たい作品が溜まってしまうというデメリットもありますが…。

 

それでは2つの視聴形態を踏まえてリアルタイム配信に向いている人、オンデマンド配信に向いている人の特徴をまとめてみました。

ここに注目!

リアルタイム配信に向いている人

・自由時間がたくさんある人

・毎日同じ時間に自由時間が使える人

・特に見たい作品や好きな作品が決まっていない人

オンデマンド配信に向いている人

・仕事が忙しくてあまり時間がとれない人

・毎日の自由時間が不定期で決まっていない人

・あらかじめ好きな作品や見たい作品が決まっている人

dTVチャンネルに登録して見たい番組を視聴する

dTVチャンネル

dTVチャンネルの登録方法と解約方法

【登録したい場合】

dTVチャンネルをスマホで簡単に登録する方法【画像あり】

【先に解約方法を確認したい場合】

dTVチャンネルはスマホで解約できる?画像つきで手順を簡単解説

dTVで見たい作品を視聴する

パイレーツオブカリビアン

アニメ見逃し

配信ジャンルとその作品数

両者は配信している番組のジャンルと、ジャンル別の作品数にも違いがあります。それではどのジャンルが何本配信されているのか比較してみましょう。

ここがポイント!

dTVチャンネルの配信ジャンルと作品数
番組ジャンル 作品数
ニュース・報道 476本
スポーツ 940本
情報・ワイドショー 63本
ドラマ(国内・海外含む) 1919本
音楽 632本
バラエティ 4707本
洋画 98本
邦画 276本
国内アニメ(キッズアニメ含む) 1382本
海外アニメ 1775本
特撮 55本
ドキュメンタリー・教養 2555本
劇場・公演 193本
趣味・教育 3774本
その他 367本
dTVの配信ジャンルと作品数
番組ジャンル 作品数
dTVオリジナル 224本
音楽 非公開
洋画 1998本
邦画 739本
アニメ・アニメ映画 648本
キッズアニメ・キッズアニメ映画 316本
国内ドラマ 306本
海外ドラマ 404本
韓流・華流 322本
教養・バラエティ 228本

dTVチャンネルの配信ジャンルの特徴として挙げられるのは、趣味番組やバラエティ番組がかなり豊富にあるという点です。

一方でdTVの配信ジャンルの特徴は洋画・邦画の作品数が、dTVチャンネルよりも圧倒的に多いという点です。

上記にある両者の配信ジャンルの特徴をふまえた上で比較してみます。

 

dTVチャンネルはバラエティ番組や趣味番組が多いことから、テレビ番組のようにバラエティ色が強く、気楽に見られる作品が多いということです。

dTVのほうは洋画・邦画・国内アニメの配信数が多いことから、真剣にのめり込んで視聴できる作品が多くなっています。

VODはどうしても配信数が多いほど目立ちますが、配信数で決めるのではなく、自分が見たい作品やジャンルが配信されているかに重点をおいて選んだほうが良いです。

そのため、下記記載の公式サイトで見たい作品を検索してから登録してみることをオススメします!

 

ここに注目!

dTVチャンネルの配信ジャンルに向いている人の特徴

・テレビ番組のようにバラエティ色が強い番組が好きな人

・気楽に番組を見たい人

・趣味単位で番組を見たい人

・趣味に関係した番組なら何でも満足できる人

dTVの配信ジャンルに向いている人の特徴

・邦画や洋画が好きな人

・真剣にのめり込める作品を求めている人

・dTV限定のオリジナル作品が見てみたい人

dTVチャンネルに登録して見たい番組を視聴する

dTVチャンネル

dTVチャンネルの登録方法と解約方法

【登録したい場合】

dTVチャンネルをスマホで簡単に登録する方法【画像あり】

【先に解約方法を確認したい場合】

dTVチャンネルはスマホで解約できる?画像つきで手順を簡単解説

dTVで見たい作品を視聴する

パイレーツオブカリビアン

アニメ見逃し

月額料金

おそらくVODに登録する上で最も気になる部分が月額料金ではないでしょうか。

そのVODに見たい作品があっても、月額料金が高いと登録するのをためらってしまいますよね…。

それでは両者の月額料金にはどのような違いがあるのか比較してみましょう。

ここがポイント!

月額料金の違い
VOD名 月額料金
dTVチャンネル 858円(税込)
dTV 550円(税込)

dTVはワンコインで利用することができるため非常に低価格なのですが、dTVチャンネルは858円と高めの料金設定になっています。

月額だけでいえばdTVに軍配が上がりますよね。しかしdTVチャンネルも、同じリアルタイム配信のVODと比較すればだいぶ安いです。

ちなみにリアルタイム配信のスカパーは基本プランが1980円(税込)、WOWOWが2530円(税込)と非常に高くなっています。

ここに注目!

dTVチャンネルの月額に合っている人

・月額料金の高さを気にしない人

・スカパーやWOWOWは高くて登録ができない人

dTVの月額に合っている人

・できるだけ月額が安いVODに登録したい人

dTVチャンネルに登録して見たい番組を視聴する

dTVチャンネル

dTVチャンネルの登録方法と解約方法

【登録したい場合】

dTVチャンネルをスマホで簡単に登録する方法【画像あり】

【先に解約方法を確認したい場合】

dTVチャンネルはスマホで解約できる?画像つきで手順を簡単解説

dTVで見たい作品を視聴する

パイレーツオブカリビアン

アニメ見逃し

見放題作品の有無

VODでは全作品が見放題だと追加料金がかかりません。しかしレンタル限定作品があると、借りるたびに追加料金を支払う必要があります。

見放題作品の有無はVODによって異なりますが、dTVチャンネルとdTVではどのようになっているのでしょうか。

ここがポイント!

見放題作品の有無
VOD名 見放題作品の有無
dTVチャンネル 全番組が見放題(追加料金なし)
dTV 12万作品が見放題(一部作品に追加料金が発生)

基本的にどちらのVODも見放題で作品を視聴することはできます。

ですがdTVチャンネルは配信中の全番組が完全に無料で視聴できるのに対し、dTVは一部だけ追加料金が発生する作品があるのです。

dTVで追加料金が発生する作品は主に最新映画だったり、新作のドラマだったりすることが多くなっています。

12万作品が追加料金なしで見られるのは嬉しいのですが、最新映画や新作ドラマが大好きな人は、追加料金が発生するのでかなり痛いですよね…。

レンタル料金は作品や画質によって異なりますが、だいたい100円~500円(税抜)で期限付きであることが多いです。

ここに注目!

dTVチャンネルの見放題に合っている人

・追加料金を一切支払いたくない人

・追加料金のことを考えず作品を視聴したい人

dTVの見放題に合っている人

・追加料金が発生しても最新映画や新作ドラマが見たい人

dTVチャンネルに登録して見たい番組を視聴する

dTVチャンネル

dTVチャンネルの登録方法と解約方法

【登録したい場合】

dTVチャンネルをスマホで簡単に登録する方法【画像あり】

【先に解約方法を確認したい場合】

dTVチャンネルはスマホで解約できる?画像つきで手順を簡単解説

dTVで見たい作品を視聴する

パイレーツオブカリビアン

アニメ見逃し

ダウンロード再生(オフライン再生)

VODの中には見たい作品をあらかじめダウンロードしておいて、Wi-Fiに繋がなくても視聴できる機能が備わっていることがあります。

つまり、作品をダウンロードしておけば通信料の大幅な節約にもなりますし、いつでもどこでも通信環境を気にせずに見ることが可能です。

果たしてこの便利な機能は両者に備わっているのでしょうか。

ここがポイント!

ダウンロード機能(オフライン再生)の有無
VOD名 ダウンロード機能(オフライン再生)の有無
dTVチャンネル
dTV

dTVチャンネルはリアルタイム配信のため、ダウンロード機能やオフライン再生できる機能はありません。

一方でdTVはオンデマンド配信なので、見たい作品をダウンロードしておけば、外出先などで通信料を使わずに視聴することができます。

ここに注目!

ダウンロード機能(オフライン再生)が不必要な人の特徴

・家にいる機会が多い人

・Wi-Fiが利用できる環境にいることが多い人

・データ通信量が常にあり余っている人

ダウンロード機能(オフライン再生)が必要な人の特徴

・データ通信料を少しでも節約したい人

・Wi-Fiがつながっていない場所で視聴したい人

・データ通信量がすぐに足りなくなる人

・外出する機会が多い人

dTVチャンネルに登録して見たい番組を視聴する

dTVチャンネル

dTVチャンネルの登録方法と解約方法

【登録したい場合】

dTVチャンネルをスマホで簡単に登録する方法【画像あり】

【先に解約方法を確認したい場合】

dTVチャンネルはスマホで解約できる?画像つきで手順を簡単解説

dTVで見たい作品を視聴する

パイレーツオブカリビアン

アニメ見逃し

dTVチャンネルに登録するべき人の特徴

以上で両者の比較は終わりです。

今まで述べてきたそれぞれの機能に向いている人の特徴から、dTVチャンネルに登録するべき人の特徴をまとめてみました。

ここに注目!

dTVに登録するべき人の特徴
アニメ以外にも趣味番組やバラエティ番組を視聴したい人(最も向いている)
自由時間がたくさんある人 毎日同じ時間に自由時間が使える人
特に見たい作品や好きな作品が決まっていない人 テレビ番組のようにバラエティ色が強い番組が好きな人 気楽に番組を見たい人
趣味単位で番組を見たい人 趣味に関係した番組なら何でも満足できる人 月額料金の高さを気にしない人
スカパーやWOWOWは高くて登録ができない人 追加料金を一切支払いたくない人 追加料金のことを考えず作品を視聴したい人
家にいる機会が多い人 Wi-Fiが利用できる環境にいることが多い人 データ通信量が常にあり余っている人

上記の表の特徴に当てはまれば当てはまるほど、dTVチャンネルに向いている人ということになります。

もし当てはまった数が多ければ記載している公式サイトから登録してみてくださいね!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。
dTVチャンネルに登録して見たい番組を視聴する

dTVチャンネル

dTVチャンネルの登録方法と解約方法

【登録したい場合】

dTVチャンネルをスマホで簡単に登録する方法【画像あり】

【先に解約方法を確認したい場合】

dTVチャンネルはスマホで解約できる?画像つきで手順を簡単解説

dTVに登録するべき人の特徴

こちらもdTVチャンネルと同じように、次の特徴に当てはまれば当てはまるほど、dTVに向いていることになります。

ここに注目!

dTVに登録するべき人の特徴
アニメ以外にも映画やドラマを視聴したい人(最も向いている)
仕事が忙しくてあまり時間がとれない人 毎日の自由時間が不定期で決まっていない人
あらかじめ好きな作品や見たい作品が決まっている人 邦画や洋画が好きな人 真剣にのめり込める作品を求めている人
dTV限定のオリジナル作品が見てみたい人 できるだけ月額が安いVODに登録したい人 追加料金が発生しても最新映画や新作ドラマが見たい人
データ通信料を少しでも節約したい人 Wi-Fiがつながっていない場所で視聴したい人 データ通信量がすぐに足りなくなる人
外出する機会が多い人
dTVで見たい作品を視聴する

パイレーツオブカリビアン

アニメ見逃し

アニメだけを見るならdアニメストアが最もおすすめ!

正直にいうと、アニメだけを見たい場合はdTVチャンネルもdTVもおすすめはできません。

その理由は配信されているアニメが少なすぎるからです。

先ほど「VODは配信数で決めないほうが良い」といいました。

しかし配信数が少ないということは、それだけあなたが見たいアニメが配信されていない確率が高いということです。

またdTVチャンネルやdTVに登録すべき人の最大の特徴は、あくまでも「アニメ以外にも他のジャンルの作品を見たい人」になります。

そのため「アニメ以外のジャンルには興味がない!」という場合は、アニメ専門VODであるdアニメストアが最も使いやすくオススメなのです。

そこでdアニメストアの特徴を以下の表にまとめているのでご確認下さい。

ここに注目!

dアニメストアのメリット
月額料金 440円(税込)
配信数 3100作品以上
登録可能ユーザー ドコモユーザー・ドコモユーザー以外の人
無料トライアルの有無
無料トライアルの期間 31日間
見放題 全作品見放題(最新作はレンタルあり)
最高画質 HD(一部作品のみ対象)
同時視聴 有(最大2台まで)
最大契約台数 制限なし
リアルタイム配信
ダウンロード機能(オフライン再生)

上記のようにdアニメストアなら、3000作品を超えるアニメが月額440円(税込)で全話見放題で視聴可能です!

しかしアニメの配信数が多いと言っても、あなたが見たい作品がない可能性も考えられます。

そのため下記記載のdアニメストア公式サイトで、事前に見たい作品を探してから登録してみることをオススします!

もちろん31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

※見たい作品がない場合はリクエストも可能です。

 

dアニメストア公式サイト

もしかするとdアニメストアでは未配信で、dTVチャンネルやdTVで配信されている可能性も考えられます。

なので両者の公式サイトでも、見たい作品を検索してから登録したほうがいいですね!

dTVチャンネルに登録して見たい番組を視聴する

dTVチャンネル

dTVチャンネルの登録方法と解約方法

【登録したい場合】

dTVチャンネルをスマホで簡単に登録する方法【画像あり】

【先に解約方法を確認したい場合】

dTVチャンネルはスマホで解約できる?画像つきで手順を簡単解説

dTVで見たい作品を視聴する

パイレーツオブカリビアン

アニメ見逃し