魔女の宅急便には絵描きのウルスラという女性が登場します。作中でウルスラは、名前がよく分からないお菓子やガムを食べていましたね。

ウルスラが食べていた食べ物は実際には存在するのでしょうか?

この記事では『魔女の宅急便でウルスラが食べていたお菓子やガム』について解説していきます。

SponsorLink

【魔女の宅急便】絵描きウルスラが作中で食べていた食べ物

ウルスラは物語終盤になって次の2つの食べ物を食べていました。

ここがポイント!

ウルスラが食べていた食べ物
  1. お菓子
  2. ガム

これは魔女の宅急便だけではありませんが、ジブリに登場する食べ物は本当に美味しそうで、実際にあれば食べたくなるものばかりですよね(笑)

私は『千と千尋の神隠し』で千尋のお父さんが屋台で食べていた、あの謎の黄色い食べ物が食べたいです(笑)

さて、魔女の宅急便でウルスラが食べていたお菓子やガムは、本当に実在するのか見ていきましょう!

絵描きウルスラが食べていたお菓子(パン)の名前は不明


ウルスラがお菓子を食べているシーンは、キキが寝泊まりしている部屋に訪れたときです。

一見するとお菓子のようにも見えますが、見方によってはチョコがかかっているパンにも見えなくもありません。

作中でウルスラが食べていたお菓子は次のような見た目をしていました。

ここがポイント!

ウルスラが食べていたお菓子の特徴
  1. チョコの部分と何もかかっていない部分が半分ずつ
  2. 横から見て上部にチョコがかかっている
  3. 四角形で少し平べったい
  4. カゴに常温で複数備蓄しておける
  5. ウルスラはつまんで食べている

上記の特徴をふまえた上で、ウルスラは一体なんのお菓子(パン)を食べていたのか考察します。

グーチョキパン店で販売中の架空のパンの可能性

SponsorLink

 

個人的にはこちらの可能性が最も高いと思っています。

ウルスラがお菓子を食べていた場所はグーチョキパン店の屋根裏で、キキが寝泊まりしている部屋です。

つまり日常的におソノさんが、キキのためにパンを焼いて持ってきてくれていた、あるいはもらっていた可能性は十分に考えられます。

グーチョキパン店でおソノさんがどのような種類のパンを焼いているのかは、作中では具体的には明らかになっていません。

ですがパン屋さんなのでチョコがかかっているパンを焼いていても何もおかしくないのです。

私達がふだんの生活でスーパーに買い物に行くとき、よくコーティングされたチョコがかかったパンを見ませんか?

住んでいる都道府県によって異なるかもしれませんが私はよく見ます。

このように、コーティングされたチョコがかかっているパンはありふれたものです。

そのためおソノさんのグーチョキパン店でも、同様のパンを焼いていたのかもしれませんね。

エクレアの可能性

私は

  1. 横から見て上部にコーティングされたチョコがかかっている
  2. ウルスラはつまんで食べている

という特徴から、エクレアの一種ではないか?と考察しました。

ウルスラが食べていたものは中身が見えませんが、クリームが入っていた可能性も考えられます。

またエクレアの食べ方は人によるかもしれませんが、一般的につまんで食べる人が多いです。

実際に私もエクレアは3本の指でつまんで食べます。

ですが基本的にエクレアは冷蔵保存する必要があり、作中のように常温で保存しているとすぐに傷んでしまいます。

そのためカゴいっぱいに複数も貯蔵しておくのには向いていません。

このことからエクレアの可能性はかなり低いと考えています。

絵描きウルスラが食べていたガムの名前は不明


ウルスラはお菓子(パン)の他にガムを食べている場面もありますよね。ヒッチハイクの車に乗るときに、キキにも分けていました。

ウルスラが車の中で食べていたガムには次のような特徴があります。

ここがポイント!

ウルスラが食べていたガムの特徴
  1. 紙製の筒に入っている
  2. 大きさは直径3センチ程度と大型
  3. 青色、赤色、オレンジ色などカラフルな見た目

上記の特徴をふまえた上で、ガムについても実在しているのかどうかを見ていきましょう。

架空のガムの可能性

SponsorLink

 

個人的に実在はしない架空のガムである可能性が高いと考えています。

その理由は、円筒形状の入れ物に入った丸いガムを見たことがないからです。

よくあるガムの種類としては、板ガムタイプと粒ガムタイプに分けられています。

板ガムタイプは紙製の長方形の入れ物に入っており、粒ガムタイプはボトルや板ガムと同じ入れ物に入っていることが多いです。

しかしウルスラが持っていたガムは板ガムでも粒ガムでもありません。

また『魔女の宅急便』の舞台のモデルになったのは、どう見ても日本ではないので、1989年の公開当時の海外で製造されていたガムの可能性も否定はできませんが…。

実際に「海外 ガム 丸い」などのキーワードで検索してみましたが、それらしいガムは発見できませんでした…。

がちゃがちゃもしくは量り売りで買えるガムを詰め替えた可能性

もう一つの可能性としては、がちゃがちゃで買ったガムを別の入れ替えたという説です。

私も小さいときに経験がありますが、スーパーのレジ横で20円で買えるがちゃがちゃのガムをよく買っていました()

もちろん種類によって異なりますが、直径が3センチ程度の大型のカラフルなガムもよくレジ横で見かけます。

あくまでもこれは日本在住の私の経験なので海外にもあるかは不明です。

もしかすると、がちゃがちゃではなく量り売りのガムの可能性もあります。

仮に海外にもあったとした場合、ウルスラがそのガムが大好きで持ち運びのために円筒形状の容器に詰め替えたとすれば、つじつまは合います。

ウルスラは戸惑うことなくヒッチハイクする行動的な性格なので、よくあのように旅をしているのかもしれません。

よく旅をする場合、お気に入りのガムを持ち運びしやすいように、別のお菓子の入れ物に詰め替えていても不思議ではないです。

まとめ

・ウルスラは作中でお菓子とガムを食べている。

・屋根裏部屋で食べているお菓子は、グーチョキパン店で焼かれている架空のパンの可能性が高いと私は考えた。

・また車の中で食べているガムも架空のガムの可能性が高い。

・またがちゃがちゃ、もしくは量り売りのガムを別容器に詰め替えた可能性も考えられる。

 

他にはこんな記事も読まれています!

【魔女の宅急便】絵描きの女の子の名前はウルスラ!性格・年齢や油絵のモデルについても

【魔女の宅急便】最後(ラスト)の手紙の誤字の意味は?友達の漢字が違う理由を考察

【魔女の宅急便】ジジの彼女で奥さん(嫁)の白猫の名前は?家族や子供についても

【魔女の宅急便】ジジの猫の種類や品種は?モデルや年齢は何歳なのかについても

【魔女の宅急便】疑問点やモヤモヤが残るポイントの解説記事まとめ!

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!

SponsorLink